2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。
フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

カテゴリー「デフリンピック」の19件の記事

2024/02/22

冬季デフリンピック

このほど日本選手団のウェブサイトが公開されました。
https://www.jfd.or.jp/sc/erzurum2023/
スローガンは「WE ARE ONE ~こころをひとつに~」、
たくましい響きがありますね。
冬季スポーツではないが、フットサルとチェスがあり、
役員も含めて70名がトルコへ派遣されます。
閉会したらいよいよ東京2025です!!

2024/02/20

みんなでおどろう!『しゅわしゅわ☆デフリンピック!』

東京都聴覚障害者連盟の手話監修により、
東京都が制作した動画が公開されたので、紹介します。
https://www.tokyoforward2025.metro.tokyo.lg.jp/news240213/
写真付きおどりかたもあり、わかりやすいです。
皆さんおどってみませんか?

2024/01/19

東京2025デフリンピック応援アンバサダー

このたび、4人目の応援アンバサダーが
陸上レジェンドアスリート「朝原宣治」さんに決まった。
北京2008オリンピックの4×100mリレーにて
銀メダルを獲得したときのアンカーを務められ、
ゴール後にバトンを放り投げた当事アスリートで知られる。
https://www.tokyoforward2025.metro.tokyo.lg.jp/news240115/

2023/11/17

掲示しましたー

先日デフリンピックのエンブレムが発表されたことから
このたび、ポスターが届きましたので、
さっそく掲示いたしました!!
できるカモんも応援しています♪Photo_20231117232401
Photo_20231117232402

2023/11/15

今日付け讀賣新聞から

東京デフリンピックまで2年…初の母国開催に「絶対に金メダル」
2025年に日本で初めて行われる聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック」の開幕まで15日であと2年。卓球女子で金メダルが期待される亀沢理穂(33)(住友電設)に意気込みを、大会運営委員会の久松三二委員長(69)(全日本ろうあ連盟事務局長)に準備状況を聞いた。(荒井秀一)
~~ 続きは下記URLで参照されたい ~~
https://www.yomiuri.co.jp/sports/para-sports/news/20231114-OYT1T50225/?fbclid=IwAR1o7jUxgg9SOynAGLsnyjDhYli71VdbGO-S3lz3K67R_GAIb-3Djw8s38I
====
今日であと2年で東京デフリンピックが開幕されます。
楽しみです!!

2023/11/13

東京都から

本日、プレスリリースがありましたので、紹介します。
https://www.tokyoforward2025.metro.tokyo.lg.jp/news231114/
漫画とクイズで『学ぼう!デフリンピック』 小学生向け学習コンテンツ公開!
「学ぼう!デフリンピック」冊子は、下記からダウンロードできます。
https://www.tokyoforward2025.metro.tokyo.lg.jp/wp-content/uploads/2023/11/deaf_handbook_web_231113.pdf

2023/09/04

大会エンブレムが決定!

2025年に東京で初開催される
デフリンピックの象徴となる大会エンブレムについて、
このほどデザインが決定しました。
https://www.deaflympics2025.com/arc/829

(デザインに込めた想い)
・人々の繋がりを意味する「輪」をテーマとした。
・デザインでは、デフコミュニティの代表的なシンボルである
「手」を表し、デフリンピックを通して競技と話題に触れ、
互いの交流やコミュニティが「輪」のように繋がった先には、
新たな未来の花が咲いていくことを表現。
花は桜の花弁をモチーフとした。

2023/08/29

TOKYO MX news FLAGより

8月22日付けで放送されたので、紹介します。
~~~~
2025年に東京で開催される、聴覚に障害があるアスリートのための国際総合スポーツ大会、デフリンピックについて、きょう(22日)大会の目標と競技会場が発表されました。
2年後に迫るデフリンピック、東京都などは大会の目標として、「デフスポーツの魅力を伝え人々や社会とつなぐ」ことや、大会を機に街のバリアフリー化を進め「共生社会を実現」することなどを掲げました。また、きょう(22日)全21競技の会場が決まり、発表されました。開閉会式や、卓球競技は渋谷区の東京体育館で行われ、水泳競技は江東区の東京アクアティクスセンターで行われる予定です。そのほか個別の競技日程は調整中だということです。東京デフリンピックは2025年11月15日に開幕し70以上の国と地域から約3000人のアスリートが参加する予定です。
/////
日本では初めてとなるデフリンピックが東京で開催されるということで、今から楽しみです。あらためて競技会場の場所を確認しましょう。
夏季のデフリンピックはレスリングのグレコローマンスタイルとフリースタイル、自転車競技のロードとマウンテンバイクをあわせて21の競技が行われます。都内各地に競技会場が散らばっていまして、開会式と閉会式は千駄ヶ谷にある東京体育館で行われます。
国立競技場や日本武道館は使わないんですね。
番組で以前に代表候補の強化合宿を取材しましたバレーボールは駒沢オリンピック公園総合運動場、サッカーは福島県のJヴィレッジが会場となります。そして、オリンピックにない競技もいくつかありまして、まず、ボウリングの会場が東大和グランドボウルとなっています。そしてもうひとつ、オリエンテーリングが日比谷公園と伊豆大島で行われます。
オリエンテーリングって遠足とかである地図を見ながらチェックポイントを順番にまわっていく、あれですよね。
それをいかに早く回るかを競う競技です。過去の大会ではこのように種目が分かれていまして、まだ決定ではないんですが、おそらくスプリントが日比谷公園、それ以外が伊豆大島での開催になると見られています。せっかくの東京開催なので島の魅力を世界に知ってほしいと伊豆大島を会場にしたということです。
~~~~

2023/08/28

2025年デフリンピック 大会エンブレムデザイン最終候補案

5月に開催されたオリエンテーション以降、
筑波技術大学の学生がデザイン案を作成し、
来たる9月3日(日)デザイン最終候補案から
東京都内中高生たちが投票を行い、決定されます。
楽しみですね。
https://www.deaflympics2025.com/arc/449

2023/08/24

TOKYO FORWARDから

デフリンピックの東京開催を受け、引退を撤回。
着実に一歩を積み重ね、世界新記録と金メダルを目指す。
――男子競泳・茨 隆太郎

デフリンピックと言えば、
茨くんが優勝請負人と言われるくらい
下記記事を読むと納得できる。
https://www.tokyoforward2025.metro.tokyo.lg.jp/player/ibara-ryutaro/
2025東京でもメダル量産できることを願っています。