2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

カテゴリー「支援センター」の9件の記事

2017-02-24

「アッシャー症候群について」

支援センターが明後日2月26日(日)10~12時、
県社会福祉会館3階講堂において行われる。
聴覚障害生活訓練事業として、
「日本、アメリカ、スウェーデンの盲ろう者福祉の違い」
「アッシャー症候群について」
の2本立てにより、小林功治氏(あいち聴覚障害者センター職員)に
講演していただくことになった。
参加費は無料。

20170226_2

2016-08-12

支援センターから

みえデフNEWS8月号印刷・発送をする関係で
今日は盆休み返上の出勤。
さて、支援センターからのお知らせですが、
9月から2018年3月末までの評価委員を公募したく
詳細については下記の要綱などを参照してくださいね。
締め切りは今月28日(日)までと短いので、留意されたい。
公募のお知らせ、要綱、応募用紙は下記のとおり。
「koubo.pdf」をダウンロード

「youkou.pdf」をダウンロード

「youshi.doc」をダウンロード

三重県聴覚障害者支援センターHP
http://www.deaf-mie-center.com/

2015-10-06

手話動画

最近の支援センターHPは熱いぞ!!(笑)
手話漫才(?)での宣伝、なかなかですねぇ~。
こんな感じでまた新作の動画をどんどん増やしてくれるといいですね。
見てアハハ笑って終わるじゃなくて、お申し込みもよろしくねdelicious

1006_3

2015-10-01

マイナンバー制度

今日から下半期、早いですね。
そろそろ標記の通知カードが届きそうですが、
届いたら申請が必要になるため、
情報不足で混乱するのではないかと
支援センターが下記のとおり教養講座を開催する。
 
と き 11月4日(水)午後から
ところ 支援センター
定員は30名、参加費は無料happy01
http://www.deaf-mie-center.com/

114

2015-09-09

秋の長雨は明日まで?!

 
台風18号が去ってホッとしているが、
伊勢市では一部の町が浸水、
近鉄の五十鈴川~賢島間で運転を見合わせている。
今夜には日本海で温帯低気圧に変わる見込み。
明後日からは待望の晴れマーク続き、
だんだんと秋の気配が感じ始めるでしょう。
今日も支援センターに〝いのちを守るために〟最新動画がアップされた。

2015-09-08

2年前の今日

 
「TOKYO」が2020年オリンピック・パラリンピックの
開催都市に選ばれた日であって
早朝テレビに釘付けの国民が多かったに違いない。
さて、明日の台風最接近に伴なう手話動画は下記。
支援センターHP http://www.deaf-mie-center.com/
高齢ろう者は文字情報よりもわかりやすく伝わりますねdelicious
三重の最接近は明日の正午あたりだそう。
皆さん気を付けてください。

2013-09-18

健康管理学習会

去る9月14日(土)午前中に
県社会福祉会館3階講堂で開催された。
テーマは「心の健康を保つためには」、
講師は重田博正さん(「手話通訳者のメンタルヘルス」の著者)。
45名ぐらいの参加があったとのこと。
====
明日から3日間、職員研修のため不在confident
(ブログは24日から)

Img_7236

2012-08-01

協定締結

今日から8月suncloudmist
オリンピックは中盤にさしかかり、
高校野球のクライマックス、甲子園もいよいよだ。
三重県代表の松阪高、ガンバレ!
さて先ほど県警本部にて協定を締結した。
詳細は9月号に載せるので、お待ちのほどを。

2012-07-24

支援センターから

おととい同センターと関係する団体に連絡が入った。
来たる8月4日(土)午後に夏まつりが行なわれる。
障がいの有無や年齢に関係なく、
⼦どもから大人まで誰もが楽しく集い、
ふれあい、体験し、交流を深めましょう。
そして、聴覚障がい者が中心となって運営する
CS放送「目で聴くテレビ」を楽しみましょう。
皆さん、奮ってご参加ください。
と、呼びかけているbell
詳しいビラは地域ろう協までよろしくね。