2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

カテゴリー「おめでとう!」の69件の記事

2019/11/26

ようやく国が24時間365日で対応可能に

電話リレーサービスが2年後の2021年4月から
公的サービスとして開始されるそう。
聞こえない人と聞こえる人をつなぐサービスであり、
当事者は聞こえない人だけではないので、
聞こえる人も聞こえない人に対して
たくさん利用されることを願ってやまない。

昨日16時34分のNHK WEB NEWS
聴覚障害者支援の「電話リレーサービス」再来年から提供へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191125/k10012190471000.html
総務省は、手話の通訳などを介して耳が聞こえない人が電話を利用できる「電話リレーサービス」を、再来年の4月から公共のサービスとして提供する方針を明らかにしました。
電話リレーサービスは、手話の同時通訳を介してテレビ電話でやり取りしたり、文字のチャットを使ったりして耳が聞こえない人と聞こえる人を電話でつなぐサービスです。
これまでは民間団体がモデル事業として限定的に提供していましたが、警察や消防への通報は受け付けていなかったことから、利用者からは国の責任で公共サービスとして提供してほしいという声が上がっていました。
これについて、25日開かれた総務省の有識者会議では、総務省の担当者が、再来年の4月から電話リレーサービスを公共サービスとして提供する方針を示し、耳が聞こえない人が24時間使えるようなサービスを目指したいと述べました。
総務省によりますと、利用者はテレビ電話のデータ通信料や手話通訳と耳が聞こえる人との通話料を負担しますが、手話通訳の人件費やシステムの整備費用は固定電話や携帯電話のすべての契約者が一律に負担して賄う方向で検討を進めるということです。
総務省によりますと、電話の契約者の負担は月額で1円程度になると見られるということです。
総務省は、今後、「電話リレーサービス」の提供に向け、警察や消防への通報も含める方向で制度や仕組みを整えることにしています。
Photo_20191126085501

2019/11/14

世界デフテニス選手権大会

当協会の会員である菰方里菜選手が
このほど開かれた標記の大会において
出場4種目のうち3種目を
金・銀・銅のメダル獲得したことから
来たる11月19日(火)に知事を訪問する。
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0324000061.htm
めでたいことですね。
次期のデフリンピックでもメダル獲得できると嬉しいです!!

参考
日本ろう者テニス協会HPに本大会の様子が載っています。
http://deafjapan-tennis.com/

2019/08/20

今日の切り抜き

今日付け毎日新聞三重版を紹介します。

「人に喜ばれる仕事を」
聴覚障害乗り越え、会社起業
桑名の渡辺健太さん後輩育成し伝統工法を継承/三重
https://mainichi.jp/articles/20190820/ddl/k24/040/230000c
すごいですね。
桑名ろう協会長でもあり、当協会の理事である。
皆さんも応援しましょう!!
20190821072626

2019/06/10

三重デフバレー、ついに男子が優勝!!

6月8日(土)静岡県掛川市で開催された東海体育大会の
バレーボール競技において、男子チームが優勝した。
平成8年度の第7回大会(於 四日市市)以来2度目。
一方、女子チームはトーナメント初戦でフルセットの末おしくも敗退。
来たる6月16日(日)の全国障害者スポーツ大会北信越・東海地区予選
(於 岐阜県山県市)に出場するので、皆さんの応援をよろしく!!
_20190610_205626thumb1

2019/04/01

新元号は「令和」に

今日から2019年度、1年間よろしくお願いします。
午前11時40分ごろに政府が新元号を発表され、
正午すぎにはフリー素材サイト「いらすとや」に
新元号「令和」に関するイラストが追加された。
な・なんと元号を掲げる人のイラストに
手話通訳者付きバージョン(下画像)まであり、すごいやんか。
でも掲げたときに手話通訳のワイプと被ってしまった瞬間のイラストであり、おいおい…。
手話通訳士のEさんが新元号を超えるほど有名になるかもねぇ。
====
配られた号外に多くの人が詰めかけ、
警官が対応に追われたというニュースが出て残念であるが、
PDF版で見れる新聞社がいくつかあり、気に入ったのが東京新聞。
https://www.tokyo-np.co.jp/gogai/pdf/gogai_190401.pdf
また、Twitterでは「これは覚えやすい!」というトレンドが急上昇。 
令和のローマ字表記はReiwa。
「令和18年」は「18歳未満閲覧禁止」という意味を連想させる「R18」と
表現するのでは?とTwitterで相次ぎ、
“R18”が西暦→令和の変換に役立つと話題になったそう。
つまり今年は2019-18=令和元年。
東京オリパラの2020年は-18で令和2年、
日本開催予定のデフリンピック2025年は令和7年、簡単じゃん(笑)。
Gengou_syuwa_2

2019/01/07

若竹会に厚生労働大臣表彰

たいへん遅くなって申し訳ないが、
昨年11月22日に東京で開催された、
平成30年度全国社会福祉大会において贈呈された。
おめでとうございます。

三重県ホームページ
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0323400018.htm
昨年12月24日付け讀賣新聞の写し(画像)
 ※ブログ読者のご厚意でいただきました。ありがとうございました。

1224_3

2019/01/04

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

本年も引き続き、何とぞよろしくお願いします。

    三重県聴覚障害者協会事務局一同
====

全日本ろうあ連盟 石野理事長からの挨拶

https://www.jfd.or.jp/2019/01/01/pid18592


Photo

2018/12/27

全日ろう連ウェブサイトから

このほど「手話言語条例の成立した地域:三重県」に
成立されたばかりの鈴鹿市が追加掲載された。
https://www.jfd.or.jp/info/misc/sgh/map/j-mie.php
 松阪市 2014年3月24日
 伊勢市 2015年10月7日
 三重県 2016年6月30日
 名張市 2017年6月27日
 鈴鹿市 2018年12月21日
トップバッターの松阪市から5年連続で成立が相次いだことから
来年もどこかの市町が成立されると嬉しいですねぇ(^^)。

<参考> 全国の成立状況一覧
https://www.jfd.or.jp/sgh/joreimap

※画像は、全日ろう連 手話言語条例マップから成立日順に引用
させていただきました。

Photo
Photo_2Photo_3
Photo_4
Photo_5

2018/12/21

鈴鹿市も成立!!

今日、鈴鹿市議会において

25人ほどが傍聴、見守ったところ、

全会一致で可決された。

よって、市町レベルでは、

松阪市、伊勢市、名張市に次いで4例目。

施行は来年4月1日。

詳しくは、当協会1月号にて。

下記画像は、手持ちプラカード。

 ※イラストは、当協会のマスコットキャラクター「できるカモん」

Photo

2018/12/12

医療保健及び子ども・福祉関係関係功労表彰

三重県における医療・保健・子ども・福祉に
貢献された方々の功績をたたえ、
12月18日(火)午後、
ホテルグリーンパーク津で表彰が行われる。
おめでとうございます。
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0014300039.htm
◎福祉団体指導者功労(知事表彰)
  県難聴・中途失聴者協会相談役の田代様
  当協会の藤田副会長
◎ボランティア功労(大臣表彰)
  手話サークル「若竹会」
◎ボランティア功労(知事表彰)
  小俣手話サークル

より以前の記事一覧