2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

カテゴリー「おめでとう!」の46件の記事

2017-04-03

2017年度スタート!!

たいへん遅くなって申し訳ないが、

4月3日に遡ってぽちぽち?投稿…。

まず、今年度は4月1日が土曜日なので、

3日が本当のスタート。

当協会にとっては「三重県手話言語条例」施行。

http://www.pref.mie.lg.jp/SHOHO/HP/p0015200011.htm

「三重県手話施策推進計画」もアップされている。

2017-01-04

本年もよろしくお願いします。

昨日は当協会70周年を迎えたことから
本日は仕事始め、気分を新たにデスクワークを再開した。
皆様からのご指導をよろしくお願いします。
さて、本日は安倍首相が伊勢神宮にお見えになったことで、
恒例の年頭記者会見が手話通訳付きで行われた。
首相官邸ウェブサイトで見れるので、ぜひぜひ!!

2016-06-30

三重県手話言語条例成立!!

今日10時半ごろ約60名の傍聴者が見守る中で成立された。
来年4月1日に施行されるが、
計画策定に関しては先行して7月7日に一部施行。
それは三重県障害者施策推進協議会のもとに、
専門部会として「手話施策推進部会(仮称)」が設置されるそう。

NHK津放送局(ニュース動画あり)
 ※今夜6時半からテレビ放送される予定。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/3075928981.html?t=1467261783611

スナップ写真と感想などは、当協会7月号で速報する予定。

2016-03-04

東京新聞から

今日付け東京新聞

 
【社会】
「手話は言語」全地方議会で採択達成 ろうあ連盟「この民意を力に法整備を」
2016年3月4日 朝刊
 
 手話を日本語と同等の独自の言語と位置付ける「手話言語法」の制定を求める意見書は三日、全ての地方議会で採択が達成された。東京都内で記者会見した全日本ろうあ連盟の石野富志三郎理事長は「採択がゴールではない。この民意を力にして、今後は政府に法制定を要望していきたい」と手話で意気込んだ。
 
 国内にある千七百四十一市区町村の議会のうち、栃木県芳賀町議会だけで採択されていなかったが、三日開かれた町議会本会議で意見書案が全会一致で可決、採択された。東京都や埼玉県、奈良県などから、ろうあ者ら約三十人が傍聴に訪れ、両手を顔の前で揺らす手話の動作で「拍手」を表現した。
 
 四十七都道府県の議会でも採択されており、これで全ての地方議会で意見書が出そろったことになる。
 
 手話言語法は、全日本ろうあ連盟が二〇一二年に法案を作成した。二十一条から成っており、ろう児を対象にした特別支援学校などで手話を必須教科にすることや、国や地方自治体に手話での情報提供を義務付けることなどを盛り込んでいる。
 
◆政府・与野党 地方の総意、尊重姿勢
 「手話言語法」制定を求める意見書の採択を受けて三日、政府と与野党から法制定に向けた取り組みや障害者政策の充実を進めるとの意見が相次いだ。ただ、意見書や法律の内容を詳しく知らないとの率直な感想も漏れた。地方の総意といえる法制定について、政府と国会はどう取り組むのだろうか。
 
 菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で、手話などの意思疎通手段を支援する政府の施策を着実に実行していく考えを示した。菅氏は、障害者基本計画や四月施行の障害者差別解消法の基本方針で、手話などの意思疎通手段の支援が規定されていると説明。こうした施策に「しっかり取り組んでいくことが大事だ」と述べた。
 
 共産党の志位和夫委員長は記者会見で、「(地方の)要請に応えて立法化が図られるべきだ。政府が対応しなければ、われわれとして検討しなければならない」と、議員立法に前向きな姿勢を示した。
 
 自民党の稲田朋美政調会長、民主党の岡田克也代表、維新の党の松野頼久代表も地方の意向を尊重する考えを示した。しかし、「法案について、つまびらかに存じ上げません」(稲田氏)「立法の詳細を承知していない」(岡田氏)との声も漏れた。 (生島章弘)
 
 <地方議会の意見書> 議会としての意見をまとめた文書で、地方自治法99条で定めている。議員が提案して本会議に諮り、採択された場合には首相や国会、関係する行政機関に提出する。法的な拘束力はない。地方議会が対外的に意思表明する手段として、ほかに「決議」があるが、法的な根拠はなく、関係先に提出されることはない。
====
別件、大阪府も来年4月の施行を目指す模様wink

0304_2

2016-03-03

ひなまつり

今日は「ひなまつり」。

でも私たち聞こえない人たちにとっては、

3と3が耳の形に似ていることから「みみの日」ですね。

そうそう、今日は「手話言語法制定を求める意見書」が

全国の自治体で採択率100%達成されることで、

今日午後3時半から記者発表が行われる。

http://www.jfd.or.jp/info/2015/20160301-sgh-pr.pdf
おめでとうございますfuji

2016-01-15

大阪市では…

今日「大阪市こころを結ぶ手話言語条例案」が
大阪市議会の定例会本会議にて全会一致で賛成、成立。
全国的に多い傾向ですが、議員提案型である。
大東市の「こころふれあう」と同じく〝こころ〟が付いていますね。

大阪聴力障害者協会ウェブサイトより
http://www.daicyokyo.jp/news/2016010946.html

手話言語条例 成立状況一覧(全日ろう連ウェブサイトより)
http://www.jfd.or.jp/sgh/joreimap

2016-01-04

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
旧年中はたいへんお世話になり、誠にありがとうございました。
今年は2016年、伊勢志摩サミットですねup
リオデジャネイロオリンピックの開催、
障害者差別解消法の施行などありますが、
三重県開催の全国障害者スポーツ大会までもうあと5年…。
まさに光陰矢のごとしですが、
本年も変わらぬご協力ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

2015-12-28

お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

今日は伊勢志摩サミットまであと150日。
正式に決定されたロゴマークですが、
日の丸、7ヶ国を示す桜の花びら、青い海は
とってもいい感じですね。
さて、先日ブログで告知した福祉フォーラムについて
開催曜日が間違っていたため、次のとおり訂正するcoldsweats01
 2016年1月31日(土)→(日)

2015-12-22

全国手話検定試験の合格発表

このほど合格発表があった。
http://kentei.com-sagano.com/

級 受験者 合格者
-----------
5  25  25
4  23  21
3  39  38
2  23  20
準1 12   7
1  11   9


5級は唯一100%、めでたし!!
一方、準1級は58%と厳しかった…crying

合格された皆さん、おめでとうございます。

2015-10-22

差別解消法と同じく来年4月に施行(予定)

①日本経済新聞より引用

「聴覚障害者、補聴器使用でもバスなど免許容認へ 警察庁方針」
 ↓
 警察庁は22日、補聴器を使用する聴覚障害者に、
バスやタクシーを運転できる第2種免許の取得を認める
道路交通法施行規則の改正案をまとめた。
 補聴器を着けて一定の聴力があることを条件とする。
 一般からの意見公募を経て来年4月に施行する予定。
 
 現行制度は補聴器を使わずに「10メートルの距離で90デシベルの
警音器(クラクション)の音が聞こえる」ことを条件に、
客を乗せたバスやタクシーの運転免許取得を認めている。
改正案では、補聴器を着けて聞こえれば、条件を満たしたこととする。
 
 聴覚障害者の運転免許を巡っては、これまでも取得基準が緩和されてきた。
 2008年6月の道交法施行規則改正で、
クラクションの音が聞こえない重度の聴覚障害者について、
視野の広い大型バックミラーを備えることなどを条件に
普通乗用車の免許取得を認めた。
 12年4月の施行規則改正では、オートバイやミニバイクは無条件で
免許を取得できるようになった。
 
 今回の改正で、聴覚障害者はすべての種類の免許取得が可能になる。
 
 全日本ろうあ連盟の松本正志理事は
「聴覚障害者の職域拡大に向けて大きな一歩を踏み出せた」と改正案を評価。
 「国民に理解してもらうための啓発活動を、国や関係団体と連携して進めて
いきたい」としている。
 
②毎日新聞夕刊より

201510221612_0001

より以前の記事一覧