2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

カテゴリー「ニュース」の129件の記事

2017-10-18

聴覚障害者の方たちの政治参加を促すために必要なことは何か。

もうすぐ衆院選ですね。
政治に興味をお持ちの皆さんに
ご一読いただきたい記事を紹介するね。
 
10月16日付けyahooニュース
いよいよ衆議院選挙(10月10日公示、10月22日投開票)です。昨今では18歳選挙権によって「被選挙権年齢」の引き下げも検討されているようです。また、女性がもっと積極的に政治参加するために、クオータ制の導入を求める声もあります。しかし、選挙での投票、あるいは立候補するには年齢や性別以外の壁も大きく立ちはだかっている現状があります。
 
今回はその一例として聴覚障害者の方たちの政治参加を促すために必要なことについて、特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(略称:TA-net)理事長の廣川麻子さんにお聞きしました。
 
特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(略称:TA-net)は演劇などの舞台における情報保障(聴覚障害者向け字幕・視覚障害者向け音声ガイド・手話通訳など)の普及・促進・人材育成・提供、情報保障の調査研究・開発、情報保障の担当者・団体との連携、運営支援を行い、潜在する観劇希望者への情報提供と利用機会促進に寄与することを目的に活動しています。
 
廣川さんによると聴覚障害者の方が選挙で投票する際に困っていることでは「候補者の演説の内容がわからない。これが最大の問題だ。」と言います。
 
また、立候補するときに困ることについて尋ねると「手話通訳が必要だが、そのための経費を自己負担しなければならず、他の候補者に比べて資金準備の面で不利になる。」について挙げています。
 
続いて、政治家になったときに困ることでは「議会開催中は、斉藤りえ北区議会議員(東京都)のように議会で文字システム導入など配慮がなされるようになったが、それ以外の活動中の手話通訳に関する費用の補償がない。そのため、ほかの議員に比べて情報収集の範囲が狭くなり、不利となる。」とのお話でした。
 
このように選挙に立候補することも、当選して議員になったあとも不利となり、聴覚障害者の方たちが政治参加する道を阻む要因となっています。聴覚障害者の方たちに限った話ではありませんが、これではますます政治家の道を目指すのは一握りの人たちばかりになってしまいます。選挙制度の在り方もそうですが、誰でも政治家にチャレンジできる環境整備をしていく必要がありそうです。また、政策が当事者へ伝わることによって投票率が上がるかもしれないし、当事者によるロビイング(政策提言)も活発化するかもしれません。
 
私は政治の世界こそ多様な人材を揃えていく必要があると考えています。「投票率あげよう!」「選挙に立候補できる年齢の引き下げを!」などといろいろ賑わっていますが、多様な人たちが政治参加できる環境を整えていくことが急務なのではないでしょうか。
====
記事にあります、
特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク
もぜひ覗いてくださいませ。

2017-10-11

名張市、端末で手話対応…11月開始

今日も讀賣新聞に掲載されたので、紹介するね。
====
自宅でやりとり可能に
 
名張市は、聴覚障害者向けにタブレット端末を使った手話通訳サービスを始めると発表した。市役所などに行かなくても、自分のスマートフォンなどの画面に市の手話通訳者を呼び出し、担当課の職員とやりとりできる仕組み。11月1日から試験運用し、使い勝手などを検証後、来年4月1日の本格運用を目指す。市によると、同様のサービス導入は県内では初めて。
 
同市は今年6月、全障害者が容易に意思疎通できる「手話その他コミュニケーション条例」を制定しており、今回のサービスはその実践の一つ。
 
市によると、市内には約300人の聴覚障害者がいるが、▽市役所に電話でうまく問い合わせができない▽市の担当者とメールやファクスでは意思疎通がうまくいかない▽市役所の窓口で担当者と筆談すると、時間がかかったり、伝わりにくかったりする――などの声があったため、手話通訳用のタブレット端末を備えることにした。
 
市障害福祉室にタブレット端末1台を置き、同室に常駐する市の手話通訳者・善田真美さん(45)が操作を担当。市の端末と、聴覚障害者が利用しているスマホやタブレット端末にテレビ電話機能を備えたアプリ「スカイプ」や「LINE(ライン)」などを組み込み、画面を見ながら対話できるようにする。
 
例えば、聴覚障害者が自宅からがん検診の予約や確定申告の日時や持参品など市の業務について問い合わせたい場合、市の端末にアクセスすると、手元のスマホなどの画面越しに善田さんが手話で対応。善田さんは端末を持って担当者がいる部署まで移動して内容を伝え、聞き取った内容を手話で聴覚障害者に伝える。
 
また、聴覚障害者が市の施設に出向き、会議室の利用を申し込む場合などでも、聴覚障害者が市の端末につないで手話で希望を伝え、善田さんが担当職員に“伝言”することなどを想定している。
 
同市西田原出身の会社役員森下和美さん(81)(大阪府八尾市)から昨年12月、市に「福祉に役立ててほしい」と500万円の寄付があり、市はその一部を今回のサービス導入に充てた。
 
4日、市役所でこの端末が披露され、立ち会った森下さんは「有意義に使ってもらい、大変ありがたい」と喜んでいた。
 
11月から始まる同サービスの利用時間は、平日午前8時半~正午、午後1時~5時。問い合わせは市障害福祉室(0595・63・7591、ファクス0595・63・4629、メールはchokaku@city.nabari.mie.jp)。

1011_4

2017-10-10

手話通訳 スマホやタブレットで 名張市が県内初導入

今日、伊賀タウン情報ユーに掲載されたので、紹介するね。
以下のとおり原文転載。
====
障害者の円滑なコミュニケーション手段整備に取り組む名張市は、スマートフォンやタブレット端末のビデオ通話機能を使った聴覚障害者向けの遠隔手話通訳サービスを11月から試用運用する。市によると、県内初めての取り組み。【タブレット端末ごしに手話を見る森下さん=名張市で】
 
今年6月、市で「手話その他コミュニケーション条例」が制定されたのがきっかけ。市障害福祉室に市の設置手話通訳者とビデオ通話ができるタブレット端末を配置し、対応するスマートフォンアプリを導入した利用者のスマホや端末から接続することで、画面ごしに手話で対話できる。
 
サービスの対象は、市の業務や公共施設の利用に関すること。設置手話通訳者が利用者と市や公共施設の職員を仲介し、対話を補助する。これまで聴覚障害者からの問い合わせは、来庁しての筆談や手話、もしくはファクスやメールが主だったといい、市の設置手話通訳者の善田真美さんは「来庁の手間もなく、迅速な対応ができるようになる」と期待を寄せる。
 
事業に向け、市では予備を含むタブレット端末2台を購入。購入代金や使用料などの費用は昨年12月、同市西田原出身で大阪府八尾市の会社役員、森下和美さん(81)が障害者福祉増進のために寄付した500万円から充てた。10月4日、市役所であったデモンストレーションの場では、森下さんも参加し、タブレット端末ごしの手話を眺め、「障害者に向けた新しい事業に役立ててもらえてうれしい」と喜んだ。
 
試用運用を経て、業務対象範囲や運用法を検討し、2018年4月1日には本格運用を目指す。利用可能時間は平日の午前8時30分から正午、午後1時から同5時まで。通信料は利用者の自己負担。今後、市報やホームページ、障害者団体を通じて告知する。
 
問い合わせは市障害者福祉室(0595・63・7591)へ。
====
名張市手話その他コミュニケーション手段に関する施策の推進に関する条例 関連ページ
同条例条文

2017-10-02

10月

月めくりカレンダーが残り少なくなり、

朝晩は日増しに肌寒くなるこの頃ですが、

お変わりございませんか?

テレビにも秋番組が続々と出てくるが、

ろう者役というドラマもあり、紹介するね。

http://www.tbs.co.jp/kounodori/news/#n_mirai

手話指導者は、映画「アイラブユー」主役の忍足さんだそう。

2017-09-25

安倍内閣総理大臣記者会見

今日夕方テレビで放送された標記の記者会見、
あとになって首相官邸HPに公開された。
====
新聞すら読んでも政治は詳しくなくわからなくても
1人でも多くの皆さんに見ていただきたい。
合わせて知事及び県議会議長の定例記者会見もお忘れなく!!

2017-09-15

今朝は…

Jアラートで知り、テレビを付けたら
こんな朝っぱらから全チャンネルはミサイル関連ニュースばかり。
今回も首相官邸での記者会見が行われたものの、
あっという間だったのか?手話通訳は付いてなかった模様…。
下記の首相官邸HPでは、常駐でなく〝配置〟と(+o+)
http://www.kantei.go.jp/jp/vt/main/04/photo04_1.html
====
ミサイルはもういいから代わりに
Wi-Fiを飛ばしてほしいと思うのは私だけ?(#^^#)

Dsc_481

2017-08-29

今朝のテレビ

起きて付けたらチャンネルを変えてもミサイル情報…。
国民の生命を守るために断固たる抗議を行なったと
字幕に出てきたことは何よりですが、
依然として手話通訳は出てこなかった。
たまたまですが、NHKでは下記画像のとおり^m^。
====
先月に全日ろう連理事らが内閣府へ要望書を提出、
意見交換を行なった様子は下記HPにて。
0829

2017-08-07

台風最接近

三重県では、今朝7時の気象庁発表によると、

12時間後に台風5号の暴風警戒域に入る恐れがあるとのこと。

今後の台風情報などに十分ご注意ください。

また、土砂災害や河川氾濫の恐れもあり、暴風雨に厳重な警戒が必要。

夜まで荒天が続くので、不要な外出は控えてください。

防災みえ.jp http://www.bosaimie.jp/

2017-07-27

乏しい強化費

今日の讀賣新聞に載っていたので、紹介するね。
かつて辞退された幻の日本代表団選手もいたほど
強化費はとっても少なすぎる。
8年後のデフリンピック日本開催を視野に検討されており、
世界でも通用できる将来の日本代表選手育成が急務ですね。
http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170726-118-OYTPT50457/list_NEWS%255fMAIN%25240727

727

2017-07-21

トビウオJAPANが金メダル第1号

水泳と陸上など日本は強いと言われており、

このほど水泳陣の2選手が金・銀・銅を獲得。


日本初の金メダリスト、突き上げた拳が絵になりますね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000006-asahi-spo

 ※朝日新聞から文末に引用。


下記の現地公式サイトによると、

国別メダル獲得数からでは、上位に食い込んでいることがわかる。

http://www.deaflympics2017.org/en/home-page

====

デフリンピック、藤原慧が金メダル 水泳400m自由形

7/21(金)1:12配信

 トルコ・サムスンで開かれているデフリンピックで20日、水泳の藤原慧(さとい)選手(21)が400メートル自由形で今大会日本人初の金メダルを獲得。200メートルバタフライでは銀メダルをとった。

  藤原選手は日本大学の水泳部所属で、初出場。1歳の時に病気で高熱を出し、中度の難聴になった。補聴器をつけ、相手の口を見て会話をしている。中学、高校、大学と一般の全国大会で決勝に進むなどし、デフリンピックの存在は高校まで知らなかったが、「デフの世界に衝撃受けた」。今回、11種目に出場する。最初のメダルを胸に、「期待に応えられてよかった。このメダルで日本チーム全体に勢いがついてくれたら」と話した。

  前回金メダリストの金持(かなじ)義和選手(23)はこの日、50メートル背泳ぎで銅メダルを獲得。「金メダルをとりたかった。でも、とても速い選手と一緒に泳げて幸せだった」と話した。(サムスン=斉藤寛子)

より以前の記事一覧