2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。
フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 手話の魅力を伝えるフェス 菰野でスピーチコンテストや劇披露 | トップページ | 手話読み取り強化学習会 »

2024/02/08

デフテニス世界選手権優勝を知事に報告 鈴鹿出身の菰方選手

2月7日付け中日新聞を紹介します。
https://www.chunichi.co.jp/article/849977

 ギリシャで昨年9月、聴覚障害がある選手による「デフテニス」の世界選手権大会が開かれ、鈴鹿市出身の菰方(こもかた)里菜選手(21)=同志社大3年=が優勝した。菰方選手は今月5日に県庁を訪れ、大会の結果を一見勝之知事に報告した。
 選手権大会の女子シングルスと女子ダブルスで優勝し、ミックスダブルスでは3位に入った。女子ダブルスでの優勝は、2019年の前回に続いて、2大会連続。昨年10月に開かれた団体戦の世界選手権でも優勝を果たした。
 菰方選手の聴覚障害は生まれつきで、普段は補聴器をつけて生活。だがデフテニスでは装着が認められていないため、相手の打音が聞こえずに判断が遅れてしまうといい、「目が頼り。集中力を高めている」と話す。
 選手権大会の決勝では39度の高熱に苦しんだが、「集中し過ぎて忘れていた」。女子シングルスでベスト16に終わった前大会の悔しさを胸に今大会に臨んだといい、「良い結果になった」と喜んだ。 
 2025年には、国際総合スポーツ競技大会「デフリンピック」が日本で初開催される。菰方選手は出場を見据え、「そこでも優勝できるようにこれからも頑張っていきたい」と話した。(横田浩熙)

« 手話の魅力を伝えるフェス 菰野でスピーチコンテストや劇披露 | トップページ | 手話読み取り強化学習会 »

おめでとう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 手話の魅力を伝えるフェス 菰野でスピーチコンテストや劇披露 | トップページ | 手話読み取り強化学習会 »