2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。
フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月に作成された記事

2023/06/30

全国手話検定試験

今日現在の三重会場受験申込状況は次のとおり。
2級までは30名枠、準1級と1級は10名枠
 5級  13名
 4級  11名
 3級  19名
 2級  11名
 準1級 10名(受付終了)
 1級   7名(あと3名で受付終了)
https://kentei.com-sagano.com/examination/

2023/06/29

全国手話研修センター後援会

公式ウェブサイトによると、
聴覚障害者、手話の歴史資料の収集、保存に取り組み、
聴覚障害者や手話の歴史を次の世代に伝え、
運動や事業の発展に資する大切な事業であり、
将来的には誰もが見学でき、学習し、社会にアピールできる
歴史資料館を建設したいという想いが綴られています。
皆さんぜひご協力をお願いします。
1口千円です。
http://www.com-sagano.com/koenkai/

2023/06/28

全通研サマーフォーラム

このほど6月30日〆と告知させていただきましたが、
さらに目標の1000名を目指すため、
2次募集を行うこととなり、
参加申込締切は7月10日です!!
迷っている方は最後のチャンスです。

2023/06/27

全青研

今年は隣の和歌山県で開催される。
第57回全国ろうあ青年研究討論会in和歌山
https://www.watyosyokyo.or.jp/pages/91/basice_escape_flg=1/ssl_preview=1
過去2回とも鈴鹿で開催しており、
活動家のほとんどが全青研の参加で目覚め、
仲間、学習、要求の3本柱をモットーに歴史を切り拓くことは
今も変わってないことは青年部の誇りであろう。
来年の全国ろうあ者大会も和歌山、近くて嬉しいですね。

2023/06/26

さがの映像祭

今年度は20回目を迎える記念大会であり、
4年ぶりに集合開催されるそう。
現在、映像作品を募集しています!
https://www.com-sagano.com/kensyu/sagano-movie/
映像作品のエントリー
https://www.com-sagano.com/kensyu/sagano-movie/20th_entry/

2023/06/23

NHKから

6月22日付け記事を紹介します。
「ひとりでも多く選挙に参加を~「同時手話通訳付き開票速報」など」
https://www.nhk.or.jp/css-blog/100/484972.html?fbclid=IwAR0evBIaa1pJziLscdPUtapyaXvkhs4CpWBuW2A62QM0liLxLkZrJVoc59E

誰もが投票しやすい環境について考えることは、誰もが暮らしやすい社会がどういうものかを考えることにもつながります。NHKでは、これまで障害があって投票に行けなかった人や行きづらかった人、障害のある人をサポートする人、そして、投票者を受け入れる自治体にとっても情報が共有できる場を目ざす「みんなの選挙」プロジェクトを去年の参議院選挙の際に立ち上げました。障害のある人たちに役に立つ情報や各地で選挙のバリアフリーを進める取り組みを番組やニュースのレポート、特集サイトでお届けしています。
~~ 続きは上記URLでご確認ください ~~

2023/06/22

東海通研

来たる9月3日(日)岐阜県大垣市において
今回は4年ぶりに集合形式で開催される。
分科会は下記4つがあり、ともに学び、共有し、
自分たちの活動意識を高め合っていけるといいですね。
「拠点」「手話言語条例」「遠隔手話通訳の実態」「防災」
参加希望者は三聴障協事務局まで。
 ※詳細チラシは地域ろう協にあります。

2023/06/21

ボウリング交流会

体育部主催・ボウリングクラブ主管により、
来たる7月16日(日)午後から
津グランドボウルにおいて開催する。
参加希望者は7月9日まで
チラシ記載の連絡先にお願いします。
2023

2023/06/20

全国ろうあ者大会inおおいた

このたび開催された標記大会の様子が
全日本ろうあ連盟のウェブサイトに掲載されたので、紹介します。
当協会の会長が理事になられた旨、「新任理事の紹介」で確認できます。
https://www.jfd.or.jp/2023/06/19/pid25473
三重からの参加者による感想は7月号に載せますので、
お楽しみにしてください。

2023/06/19

全国手話検定試験

今年も全国各地で実施される。
三重では全級実施、
5~2級は看護大学、
準1~1級は支援センターで行う。
なお、準1級は定員に達したため受付終了している。
受験申込の前にご確認ください。
https://kentei.com-sagano.com/examination/
202318pfd_20230619215601

2023/06/16

東京都から

「2025年デフリンピック 大会エンブレムをえらぼう!
~中高生によるエンブレムデザイン投票グループワーク・発表イベント~」に
参加する中高生を募集しています。
東京都内に在住又は在学の中学生・高校生が対象ですので、ご留意ください。
三重県からは手伝いできませんが、応援しましょう。

東京都ホームぺージ
https://www.sports-tokyo-info.metro.tokyo.lg.jp/seisaku/deaflympics2025/emblem/touhyou/

2023/06/15

コーダ あいのうた

アカデミー賞3冠の「コーダ あいのうた」が
明晩の金曜ロードショーで地上波初放送される。
手話ドラマが相次いだ昨年の1月に封切りされ、
青春映画でもあり、音楽映画でもある。
録画予約完了!!楽しみですね。
公式ウェブサイト https://gaga.ne.jp/coda/

2023/06/14

全通研サマーフォーラム

今年は四国の徳島県で開催される。
『とくしまで開催していない全国集会は、
全国手話通訳問題研究集会だけです。』
と案内書の前文にあるようにはつらつと張り切っていますね。
 ※三重では高齢者大会のみ未開催。
本集会の参加申込締切は6月20日です!!
https://tokutsukensummer.wixsite.com/home

2023/06/13

第71回全国ろうあ者大会inおおいた 

このほど無事に閉幕された標記大会の
実行委員長からお礼のご挨拶動画を紹介します。
三重県では確か第42回でしたので、
29年前の1994年に四日市市文化会館周辺で開催しました。
詳しくは7月号にて。
当時はwindowがまだなく、ロータス1-2-3を使った記憶が...。

2023/06/12

デイリー新潮から

6月12日付け記事を紹介します。

「スマホ利用者全員が負担している「月額1円」のヒミツ ろう者の通話サービス支援に」
https://www.dailyshincho.jp/article/2023/06120556/?all=1
上記URLから原文引用させていただきます。

携帯電話の支払い明細に「電話リレーサービス料」なる項目があるのをご存じだろうか。一昨年7月に始まった、聴覚や発話に困難がある人とそうでない人を電話でつなぐもので、スマートフォンの利用者にはそれを支援する「1円」の負担が課せられている。
「携帯電話がどれだけ普及しても、ろう者にさほどメリットはなかった。それがスマホの登場で、劇的な変化がもたらされたのです」
とは、聴覚障害学が専門の医学博士で、事業を担う日本財団電話リレーサービスの大沼直紀理事長(81)だ。
「ろう者と健常者を手話・文字通訳を担うオペレーターがつなぐサービスです。ろう者はスマホのビデオ通話機能を使ってオペレーターに手話や文字で伝言し、オペレータは通話相手に音声で伝える仕組みです」
スマホを通じた言葉の“リレー”は24時間、365日体制で、110番や119番などの緊急通報も可能。健常者側はスマホに特別な設定を施す必要はなく、ガラケーでも利用可能だ。
「コロナ禍による緊急事態宣言下では飲食店が臨時休業しましたね。店側は予約客に電話で事情を知らせましたが、ろう者に口頭では伝えられません。やむを得ないことではありますが、実際に店に行って休業を知ったろう者もいたんです」
手話に〈もしもし〉がない理由
大沼理事長によれば、ろう者と健常者との情報格差は歴史的にも大きいという。
「最大の原因が1876年、グラハム・ベルが発明した電話機の登場。当時から、ろう者は文字での意思疎通はできても電話とは無縁の存在と見なされてきました。その名残で、いまも手話には〈もしもし〉を表現する“単語”がないんですよ」
現時点で登録者はおよそ1万2600人。日中は1日平均1100件、夜間は数件の通話と緊急通報を取り次いでいるそうだ。
ところで日本の携帯電話契約数はおよそ2億件だから、人口の倍近いユーザーが毎月1円を拠出しているワケだ。にもかかわらず、大沼理事長は「知名度がイマイチなのが悩み」と訴える。
「2年前に“『もしもし』の手話がない理由。”というキャッチコピーの新聞広告が賞を頂きました。その後も、聴覚障害者が登場するテレビドラマにCMを提供したり、難聴の両親を持つユーチューバーとのコラボをしたり。いろいろ努力しているつもりですが……」

2023/06/07

全国ろうあ者体育大会

今年は福井県で開催される。
案内書は現在印刷中であり、
6月中旬以降のお届けになる予定。
なお、公式ウェブサイトにて公開中とのこと。
https://2023roua.geo.jp/taikai_annai/
====
全国ろうあ者大会in大分に参加するため、
明日からしばらくブログを休ませていただきます。

2023/06/06

毎日小学生新聞から

今日ネットで見つけたので、紹介します。
毎日新聞社に入職した聴覚障害社員が
補聴器について触れられています。
小学生向けなので、全文ルビ付きです。
https://mainichi.jp/maisho/articles/20230606/kei/00s/00s/012000c

2023/06/05

全日ろう連京都から

日聴紙6月1日号が発行されたことから
中橋編集長(機関紙部長)による
主な紙面内容と増幅器の内容を手話で紹介しています。

2023/06/02

東海体育大会

明日から静岡県内で開催されるが、
台風2号により大雨警報が発令され、
350人規模の開会式および監督主将会議は
当初予定会場で行わず、各競技会場で行うこととなった。
体育部長から各競技担当に詳細連絡がある。
選手の皆さんご健闘をお祈りします。

2023/06/01

全国ろうあ者大会

来週末は大分県で開催、
三重から37名が参加する。
参加者は各自速報でお確かめください。
https://www.toyonokuni.jp/kyoukai/sns/
来年は和歌山県で開催される予定。
今年は遠くて諦めた方はぜひ!!

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »