2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 遠隔手話通訳サービスの説明会(手話通訳付き) | トップページ | 三重とこわか大会情報支援ボランティアの皆さんへ »

2021/02/02

聴覚障害者のオンラインツアー

昨日のNHK WEB NEWS香川から引用します(静止画も)。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20210201/8030009150.html
自宅にいながら旅行気分を味わえる「オンラインバスツアー」を聴覚に障害がある人にも楽しんでもらおうと、琴平町のバス会社が、1日、手話や字幕を使ってガイドするオンラインツアーを行いました。
琴平町に本社を置く「琴平バス」は、新型コロナウイルスの影響で旅行を自粛する動きが続く中、自宅にいながらテレビ会議システムを使って旅行気分を味わえる「オンラインバスツアー」を手がけてます。
このオンラインバスツアーを聴覚に障害がある人にも楽しんでもらおうと、きょうモニターツアーを行い、県内外の聴覚障害者、およそ50人が参加しました。
ツアーでは、三重県の伊勢神宮の門前町の一角にある「おかげ横町」にいる現地のガイドと生中継でつなぎ、手話や字幕で毎月1日の朝に朝市が開催されることや、伊勢うどんは消化をよくするためにやわらかく作られている、といったことを説明していました。
参加した人は、事前に提供された伊勢うどんや和菓子の老舗「赤福」の赤福餅などを味わいながらツアーを楽しみました。
参加した人は「赤福がおいしかった。伊勢に行きたいと思った」などと話していました。
琴平バスの山本紗希さんは、「聴覚障害者向けのツアーは初めてで難しかったが、今後、練習を重ねて手話通訳との連携を深め、よりよくしていきたい」と話していました。
====
コロナ禍でなかなか観光はできませんが、
オンラインツアーでみんなと会えて食べることは画期的ですね。
Photo_20210201214701

« 遠隔手話通訳サービスの説明会(手話通訳付き) | トップページ | 三重とこわか大会情報支援ボランティアの皆さんへ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠隔手話通訳サービスの説明会(手話通訳付き) | トップページ | 三重とこわか大会情報支援ボランティアの皆さんへ »