2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 日本障害フォーラム・NHK共同「障害者の防災・避難」アンケート | トップページ | 家で楽しく過ごすゲーム(7) »

2020/12/24

口の動きわかる透明なマスク開発

昨日の夜NHK 三重NEWS WEBに掲載されたので、紹介します。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20201223/3070004684.html
マスクで口元が見えず苦労している聴覚障害者とのコミュニケーションに役立ててもらおうと、伊賀市のメーカーが、口元の動きがわかる透明なマスクを開発し、三重県に寄贈しました。
透明なマスクを開発したのは、国の伝統工芸品に指定されている「伊賀くみひも」の老舗メーカー「糸伍」です。
メーカーから寄贈されるマスク30枚が県庁に届けられ、23日、県庁と伊賀市にあるメーカーの事務所をオンラインでつないで贈呈式が行われました。
新型コロナウイルスの感染対策でマスクの着用が呼びかけられる中、メーカーでは聴覚に障害のある人たちが手話でやりとりする際、相手の口元や表情が見えず、コミュニケーションに苦労していることから、透明なマスクを開発したということです。
マスクは、石川県の生地メーカーのポリエステル製の透明で薄い布2枚が縫い合わせてあり、その間に飛まつを防ぐ薄いアクリル板を挟んで使用します。
オンラインで取材に応じた糸伍の松田智行社長は「不自由を感じている方たちの役に立てればとてもうれしい」と話していました。
また県子ども・福祉部の大橋範秀部長は「県の聴覚障害者支援センターや県庁での手話通訳で活用したい」と話していました。
====
三重県より
https://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0323000037.htm
糸伍株式会社より
https://itogo-shop.com/info/20201223.html
====
来年1月8日(金)‎に発売される予定であり、ありがたいですね。
でもお値段が...。
ボーナスで大奮発して買おうか?

« 日本障害フォーラム・NHK共同「障害者の防災・避難」アンケート | トップページ | 家で楽しく過ごすゲーム(7) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本障害フォーラム・NHK共同「障害者の防災・避難」アンケート | トップページ | 家で楽しく過ごすゲーム(7) »