2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。
フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 全日ろう連から | トップページ | 熱中症予防 »

2020/07/09

筆談バー「洋酒店醇」 記者が体験

今日ネットに出てきたので、紹介します。
筆談と言えば筆談ホステスと連想してしまうが、
下記にクリックして読むと、なるほど…。
筆談バー「洋酒店醇」 記者が体験
前文を引用します。
 ↓
新型コロナウイルスと共存する「ウィズコロナ時代」のバーは、これがスタンダードになるかもしれない。
「筆談バー」。感染防止策として声は出さず、カウンターの向こう側にいるバーテンダーとホワイトボードで筆談する。もちろん、注文や会計のやりとりも文字オンリー。
松本市大手2の「洋酒店醇(じゅん)」。バーテンダーは、店のオーナーでもある坪野修久さん(54)だ。
10年ほど前、東京・銀座のクラブで「筆談ホステス」として活躍した聴覚障害者の斉藤里恵さんが、その半生を出版し話題になった。隣にきれいなお姉さんがいるならともかく、普通のショットバーで筆談は楽しいのか?
そんな素朴な疑問を抱きながらも、「60分1本勝負」といったうたい文句に誘われ、足を運んでみた。
====
一度は行ってみたいですね。
でも三重県にもあるといいなぁ。

« 全日ろう連から | トップページ | 熱中症予防 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全日ろう連から | トップページ | 熱中症予防 »