2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 咲む(えむ) | トップページ | 皆さんにお願いです »

2020/04/16

知事会見の手話通訳

透明のフェースガード 手話通訳者が知事会見で着用 千葉
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200416/k10012391081000.html
 ※今日付けNHKウェブニュースから下記に転載しています。
16日に行われた千葉県の森田知事の記者会見で、聴覚障害のある人がつくった透明のフェースガードを手話通訳者が初めて着用しました。手話に加えて口元の動きを見てもらうことで、必要な情報を伝えたいという思いが込められました。
新型コロナウイルスの感染拡大に関連した政治家などの会見では、手話通訳者が、あえてマスクをつけずに業務に当たり、口元の動きを見てもらうことで正確な情報を伝えようとする姿が話題となっていました。
これを受けて手話通訳者の派遣を行っている「千葉聴覚障害者センター」は、感染拡大防止対策として透明なフェースガードづくりに取り組み、千葉市内の作業所で聴覚に障害がある人たちが試作品を完成させました。
市販の薄いプラスチックにゴムひもを取り付けて、顔に固定できるよう工夫されていて、千葉県の広報担当者からの相談を受けて、16日の森田知事の記者会見で、初めて披露されました。
会見では知事の発言だけでなく、記者の質問についての手話通訳も行われ、その様子を見たセンターの植野圭哉所長は「聴覚障害者から見ても分かりやすく伝わったと思う」と話していました。
千葉県報道広報課は「手話というと、手の動きに意識が行きがちになるが、口の動きや表情も重要だということを知ってもらうきっかけになったと思う」と話していました。
====
一方、先日、緊急事態宣言があった7都府県のうち、
知事会見に手話通訳が付いてないのは埼玉県だけであり、
合理的配慮の不提供にあたることから当事者団体が交渉しているそう。
三重では、条例制定前から定例記者会見に付いているが、
最近になって、ぶらさがり会見にもちょくちょく付くようになったものの、
県ホームページは依然として定例記者会見しか掲載されてない…。

« 咲む(えむ) | トップページ | 皆さんにお願いです »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 咲む(えむ) | トップページ | 皆さんにお願いです »

天気予報

無料ブログはココログ