2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月に作成された記事

2019/10/31

さがの映像祭

今年度も来年2月9日(日)に
京都市の同志社大学で開催される。
http://www.com-sagano.com/archives/7644.html
東京オリンピックイヤーにふさわしく
スポーツを愛する人にとってたまらない内容ですね。
前売券の電子チケット対応が始めたことから
行きやすくなりますねぇ。
2019eizoposter

2019/10/30

電話リレーサービスに係るアンケート

このほど全日ろう連から
標記のアンケートについて
利用者ニーズの把握および利用者以外の者に
おける利用のしづらさを調査し、
多くの人が利用しやすいサービスにするために、
アンケートを実施することになった。
調査結果については、
電話リレーサービス普及啓発推進事業の参考として
使わせていただくそう。
11月末までお願いします。
https://www.jfd.or.jp/trs/arc/488
20191018trssurveyqrcode
Photo_20191101173701

2019/10/29

電話リレーサービス 普及急げ

出回っていたので、皆さんに共有。
10月26日付け公明新聞。
早く普及ができますに…。

1030

2019/10/28

三重とこわか国体・三重とこわか大会のボランティアを募集します!

 ※当分の間はトップ表示とさせていただきます。
  最新の記事は下までスクロールしてください。

10月25日付けで県ホームページに公開された。
https://tokowaka.pref.mie.lg.jp/0000000673.html
募集期間は募集人数に達するまでとあり、早いもの勝ちです!!

●情報支援ボランティア
①活動内容
  両大会の開・閉会式や三重とこわか大会の競技会において、手話・筆談、要約筆記により、情報提供やコミュニケーション支援などを行っていただきます。
②募集人数
  600人
   手話・筆談…500人
      要約筆記(手書き・パソコン)…100人
③対象
  平成15年4月1日以前に生まれた方(ただし、令和3年4月1日時点で高校生の方は除く)で、「手話・筆談」は日常会話ができる程度の手話能力のある方または手話を学んだ経験のある方等、「要約筆記(手書き・パソコン)」は手書き、パソコンの要約筆記に関し経験のある方等

○手話・筆談
 日常会話ができる程度の手話能力のある方、または手話を学んだ経験のある方で、かつ筆談に関し経験または関心のある方 (聴覚障がいのある方も含みます)
○要約筆記(手書き・パソコン)
 手書き要約筆記に関し経験のある方、またはパソコン要約筆記に関し経験のある方(要約筆記者養成講座修了者または要約筆記奉仕員養成講座修了者) 
  ※手話通訳士・手話通訳者の資格を持っている方には、手話通訳業務をお願いする場合があります。

・電子ベースの場合…申込フォーム
https://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/uketsuke2/form.do?id=1570006369694
・紙ベースの場合…ボランティア登録申込書
https://tokowaka.pref.mie.lg.jp/cmsfiles/contents/0000000/673/touroku.pdf
Photo_20191028104501

2019/10/25

「障害への理解深めて」 県立盲、聾学校が創立100周年 記念行事開催へ 三重

今日の伊勢新聞を紹介しますね。
https://www.isenp.co.jp/2019/10/25/37726/
廣田恵子三重県教育長は24日の定例記者会見で、県立盲学校(津市高茶屋四丁目)と、県立聾学校(同市藤方)の創立百周年を記念した行事を11月に両校で開くと発表した。両校の児童、生徒が楽器の演奏や手話の合唱など学習成果を披露する。廣田教育長は「行事を通じて障害のある人への理解を深めてもらいたい」と述べた。
県教委によると、両校は大正8年、県慈善協会が私立の「三重盲唖院」として設立した。同14年に県立となり、昭和22年に各校として独立。盲学校には27人、聾学校には81人が在籍している。
盲学校の創立記念行事は11月5―9日に開催。表面の凹凸を指で触って絵画を鑑賞できる触察図などを展示する。昨年10月に閉館した名古屋ボストン美術館が寄贈した触察図のうち20点を並べる。
11月9日には文化祭を開き、児童や生徒らが舞台上で合唱や朗読を披露し、ピアノや管楽器、打楽器などの演奏もある。高等部専攻科の生徒らは授業で学んでいるマッサージを実演する。
聾学校の記念行事は11月9、10両日の開催。9日は生徒会のオープニングセレモニーや、20年前の在校生らが埋めたタイムカプセルの掘り起こしがある。10日は劇や手話による合唱などを披露する。
廣田教育長は「盲学校と聾学校の学習成果を見てもらう機会はなかなかない。どんな勉強をしているかを実感してもらうことで障害のある人への理解を深め、交流の促進につなげたい」と述べた。
記念行事への参加は申し込み不要。文化祭は盲学校が9日午前11時から、聾学校は同9時20分から。プログラムに関する問い合わせは県教委特別支援教育課=電話059(224)2961=へ。
====
聾学校については、下記サイトでご確認ください。
http://www.mie-c.ed.jp/sdmie/

2019/10/24

会員旅行

会員・賛助会員の皆さんに郵送したところですが、
締切の10月25日が近づいたので、再告知します。
今年は11月24~25日にオリーブとロマンの小豆島方面で1泊、
ワイワイしながら旅行しませんか?
申込書だけでも良いので、当協会事務局にFAXしてください。
(代金は後日でよろしいです)
よろしくお願いします。

2019/10/23

国際手話を学ぼう 東京五輪・パラで注目

今朝の産経新聞を引用・紹介しますね。
https://www.sankei.com/life/news/191023/lif1910230012-n1.html
 来年の東京五輪・パラリンピックを見据え、海外の聴覚障害者とコミュニケーションする方法として国際手話が注目されている。訪日外国人との交流やボランティアでの活用などが期待され講座で学ぶ人が増加。ただ正確な通訳ができるほど熟練した人はまだ少なく人材育成が課題だ。
 東京都千代田区にあるビルの一室で日本国際手話通訳・ガイド協会が運営する中級講座が開かれた。静かな教室で、講師と生徒数人が国際手話でさまざまな単語をやりとり。話が通じると一気に笑顔が広がった。

都市ボランティアに
 国際手話は聴覚障害者が国際会議などで使用する言語。耳の聞こえない外国人が全員習得しているわけではないが、聴覚障害者による国際総合スポーツ大会デフリンピックなどで広く活用されている。中級講座の生徒で埼玉県入間市のパート、青塚昌子さん(53)は「国際手話を身につけて東京五輪・パラリンピックの都市ボランティアに臨みたい」と声を弾ませる。講師を務めるガイド協会の砂田武志代表理事(58)によると、生徒は約3年前から3倍に増え、現在は約100人に上る。
 東京都は国際手話や米国で使われるアメリカ手話を学ぶ人に対し、受講料の半額を補助する制度を設けた。平成26年度の利用者は110人だったが、30年度は341人にまで伸びた。
 学びの場は各地に広がる。ガイド協会は広島市ろうあ協会と連携し来年から広島県内で講座を開く計画を進める。被爆地を訪れる外国人を国際手話で案内することを目指す。
 日本財団ボランティアサポートセンターは、来年の東京大会の運営に携わる大会ボランティア予定者向けに開く手話講座に国際手話を盛り込んだ。9月に受講した千葉県浦安市の会社員、八木政道さん(33)は、チケット購入やレストラン案内を想定した手話を学び「世界中の人をおもてなしできたら」と目標を描く。

通訳者不足が課題に
 だが通訳者の人数は十分ではない。外国人向けにツアーと通訳ガイドを紹介する企業「otomo」(東京都文京区)は、インターネット上で客がガイドを選ぶ際、英語などに加え国際手話を選択できるようにする予定だが、当面は用意できるガイドが5人前後にとどまる見通しだ。
 2025年に日本でのデフリンピック開催を目指す全日本ろうあ連盟は今月末に学習本「Let’s Try国際手話」を発行する。ページのQRコードをスマートフォンで読み取れば動画が見られる。吉野幸代理事(47)は「本を使って国際手話ができる人が増えてほしい。通訳者や指導者は非常に不足しており養成に力を入れたい」と語った。
====
それはいいですね。
すでに刊行している「三重の手話」はDVD付き、
今度続刊する際、QRコードがあると便利かもね。

2019/10/21

台風20号

鈴木知事から県民の皆様へ
http://www.pref.mie.lg.jp/STAISAKU/HP/m0099500012_00010.htm
防災みえ.jp
http://www.bosaimie.jp/X_MIE_PUB_VF_te000
今夜から雷を伴う激しい雨が降り、
22日未明から明け方は雷を伴って
猛烈な雨となるおそれがある。
====
明日は即位礼正殿の儀の行われる日にあたり、
当協会事務局は休み、くれぐれもご留意ください。

2019/10/18

電話リレーサービス

昨日付け公明新聞によると、
参院予算委員会では、
公明党の質疑において山本博司参院議員から
『電話リレーサービスを公共インフラとして、
 国が24時間365日受け付ける体制は
 大きな意義があるので、ぜひ実現を。』
総務相の答弁では、
『緊急通報など命を守る上でも
 非常に重要なサービスと認識している。
 公共インフラとしての電話リレーサービスの
 実現に向けた取り組みを進めるとともに、
 音声認識などの最新技術の研究開発も
 〝車の両輪〟で進める。』
====
119、110、そして来月から開始される118。
それぞれのサービスがあり、いずれも事前登録が必要。
聞こえる人は全部を電話1本で済ませるけれど、
聞こえない人はそれぞれのアプリを開けて使う必要がある。
よく考えたら電話リレーサービスですぐ使えたらいいのにねぇ~。

2019/10/17

咲む(えむ)

全日ろう連創立70周年記念に
去る10月13日に映画「咲む(えむ)」の
撮影がクランクインされたことから
ご支援をお願いします。

石野理事長の手話言語動画
https://emu-movie.jp/donation/

●寄付金(特典あり)
 個人:1口2万円
  映画鑑賞券2枚・映画プログラム1部贈呈
   (特典はお申込口数に準じて贈呈されます)
 個人5口・10万円以上
  映画プログラム及び公式ホームページに寄付者の氏名を掲載
●募金(特典なし)
 任意カンパ
====
いずれも当協会事務局にお願いします。
_20191017_163223

2019/10/16

手話言語の認知と手話言語法早期制定を求めるフォーラム

昨日、東京都内において開催された。
昨日付け立憲民主党ニュースを紹介するね。
https://cdp-japan.jp/news/20191015_2191
「手話を広める知事の会」の総会では、
全日ろう連と傘下の聴覚障害者団体と連携し、
台風19号の被災地にある避難所に
手話通訳者らを派遣することを確認したそう。

2019/10/15

台風19号

台風の影響で全国各地に被害が広がっており、
被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
長野県では情報提供施設と協会事務所がある長野市内の建物が
浸水被害を受けており、利用ができず、
松本市において広報支援をしているそう。
長野県聴覚障がい者情報センター
https://www.nagano-choujou.com/
====
三重県における被害の報告については把握中。
何もないことを祈っています。
Photo_20191015083401

2019/10/11

★重要★ 明日は中止です!!

明日実施する全国手話検定試験5級4級については、
台風19号の最接近で中止することになりました。
http://www.com-sagano.com/archives/7532.html
もし受験者から問合せがありましたら
ご対応いただきますようよろしくお願いします。
明後日の3級と2級は予定どおり実施しますが、
念のため上記URLを各自ご確認ください。

全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」全日程中止

台風19号の接近に伴う影響を考慮して全日程中止が決まった。
よって三重県選手団が現地で1泊、今日夕方帰県予定。
合わせて情報支援ボランティアの視察も中止した。

今日付け茨城新聞
「障スポ、全日程中止 台風接近で安全考慮 
 県外選手団 2500人、既に茨城県入り」
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15706919053356
読んでみると国の提案は早かったものの、茨城県の決断は遅かったようですね。
全国から4割近くの選手・役員がすでに現地入りしていることですね。
おととい6競技中止した旨、公式ウェブサイトに公表されてなく、
昨日3競技の追加中止の公表もなく、いきなり全日程中止の公表。
情報発信態勢のあり方が問われます…。
====
第9回アジア太平洋ろう者競技大会(於 香港)も
現地のデモの過熱化などを鑑み、主催者と大会実行委員会
(香港ろうスポーツ協会)の話し合い結果、中止された。
なお、2回前のクウェート大会も中止されている。
https://www.jfd.or.jp/sc/apdg2019/arc/1922

明日、台風19号の暴風警戒域に入る恐れがあり、今後の情報にご注意ください。

2019/10/10

障スポ、競技中止相次ぐ 台風接近 開会式可否10日判断

今日付け茨城新聞より。
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15706189680763
公式ウェブサイトではまだ公表されてないが、
屋内競技のバレーボールと水泳は、
海が近くて安全面を考慮して中止したそう。
現地の友だち情報では中止競技の数が多そう…。
====
三重選手団は今朝壮行会があり、出発されたそう。
もっと早く台風がそれたらいいのに、選手の皆さん気の毒...。
Photo_20191010102301

2019/10/09

聴覚障害を持つ世界屈指のプレーヤー バレーボールの米国代表

今朝ヤフーニュースで流れたので、紹介するね。
https://news.yahoo.co.jp/byline/karayamasaki/20191009-00145903/
先日の日本戦でも出場されたとあり、
見逃し配信で観ておこう。
ラグビーワールドカップ、プロ野球でもCSをやっているので、
しばらく観るスポーツが楽しめそうですね。
今週末は鈴鹿でF1があるけれど、台風が・・・。

2019/10/08

イタリア訪問

当協会の倉野常務理事が
冬季デフリンピック日本選手団総務として
イタリアへ訪問しており、現地で頑張っている。
https://www.facebook.com/jfdsc/
====
いつもご苦労さま!!
ウィンタースポーツのメッカで知られるサンモリッツに近く
きっと盛り上がるに違いないでしょう。
国際手話での倉野さん動画、いつ公開されるかなぁ?
Photo_20191008104901 

2019/10/07

全国手話検定試験

今年も今週末に鈴鹿市内において実施する。
ただ気になるのは台風19号の進路、
このほど全国手話研修センターのホームページに掲載された。
http://www.com-sagano.com/archives/7521.html
5級~2級の試験は、現段階では全会場で予定どおり実施するとあり、
試験実施・中止の最終決定は試験前日の午前10時に行うとのこと。
各自チェックしておいてください。
Photo_20191008103901

2019/10/04

アジア太平洋ろう者競技大会

11月1日(金)~12日(火)に香港で開催される
アジア太平洋ろう者競技大会の
日本選手団特設サイトが開設された。
https://www.jfd.or.jp/sc/apdg2019/
(スマートフォン対応)
当協会からはテニス競技の女子選手、
また倉野常務理事が選手団の総務として派遣する。
Photo_20191007124501

2019/10/03

四日市ろう協から

10月20日(日)に手話祭が開催される。
9月8日(日)よりチケット販売を開始したところ、
このほど早くも定員に達したことから
誠に申し訳ないが、当日参加は不可になった。
====
講師は砂田アトムさん、やはり人気者ですね。

2019/10/02

★申込締切間近 10月11日〆★ 鈴鹿ろう協から

 ※鈴鹿ろう協・とちの実以外のろう者、聞こえる人等、
  基本的に500円だけで参加OKです!
  お友だちをお誘いあわせのうえ、お申し込みくださいね。

聴覚障害を持つ医師 今川竜二氏の講演会(読み取り通訳付き)
テーマ『〝患者の思い、心で聴ける〟をモットーに』

今回は、全国でも聴覚障害医師は10人ほどしかいなく、
このうち2人だけという内科医のひとりであります今川先生をお招きします。
「暮らしがよくなった」と実感できる街を皆さんと一緒に考えてみませんか?

10月26日(土)午後1時半~4時(受付1時~)
鈴鹿市社会福祉センター2階大広間(駐車場完備)

鈴鹿ろう協・鈴鹿サークル・鈴鹿奉養は参加費無料、
一般の方は500円をいただきます。
ただし事前申込必要、当日の飛び入り参加は所属に
関係なくプラス500円必要です。

お申し込み内容
 1.お名前(        )
 2.区分(ろう者・聞こえる人)
 3.所属(鈴鹿ろう協・鈴鹿サークル・鈴鹿奉養・一般)
 ※一般の方は、恐れ入りますが、お住まいの地域を
  市名または町名(◯◯市または△△町)でお願いします。

お申し込み先
suzukadeaf@gmail.com
または下記のQRコード読み取りによる申込メールフォーム
002
20191002210414

2019/10/01

手話カレンダー

今日から10月、もう下半期ですね。
消費税が10%になり、家計を直撃…。
痛い時期にこんな宣伝をして申し訳ないが、
当協会の2020年手話カレンダーが完成!!
1枚300円、購入希望者は地域ろう協にお願いしますね。
2020-002

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »