2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 災害学習の日 | トップページ | 三重県知事選挙における政見放送(手話通訳付き) »

2019/03/25

聴覚障害者に観戦アプリ 茨城国体で実証試験

3月23日付け讀賣新聞(茨城)より写真・記事を引用。
実況・解説・歓声即時に投稿
 聴覚障害者らにスポーツ観戦を楽しんでもらおうと、筑波技術大(つくば市)の研究者が、試合の実況や解説などを文字で投稿して即時にやりとりできるインターネット上のウェブアプリを開発した。今秋の茨城国体と全国障害者スポーツ大会で実証試験を行う。大規模な大会では初の試み。来年の東京五輪・パラリンピックまでに実用化し、一般に広く使ってもらう予定だ。
 聴覚障害者は、試合観戦に行ってもアナウンスが聞こえず、周りの観客とのコミュニケーションもとりづらい。試合の流れが把握できなかったり、他の観客と一緒に盛り上がったりできないことが多かった。大会によっては専用席で手話や筆記による通訳を受けられるケースもあるが、好きな場所で観戦できず、席にも限りがある。
 同大の若月大輔准教授(43)は、「スポーツ観戦では、障害を持った人でも情報が受け取れる『情報保障』が不十分。障害者が観戦から足が遠のく一因になっていた」と語る。
 そこで若月准教授らは、投稿した文章や写真が時系列順に表示される観戦専用のウェブアプリを制作。ツイッターに似た形式で、投稿はすぐに反映されて最新の投稿が一番上に表示される。登録不要で誰でも使えるようにし、観戦者同士で自由に投稿してもらう考え。
 投稿内容は、実況や解説のほか、ルールの説明や選手の紹介などを想定している。臨場感を高めるため、「やった」「ゴール!」などの歓声は、文字が画面を横切るように表示させることも可能だ。若月准教授は「アプリは聴覚障害者だけでなく、(文字を読み上げる機能を使えば)視覚障害者や健常者の観客にとっても役立つ。互いに支え合ってスポーツを楽しめる環境を作りたい」と話している。
 実証試験には県やつくば市も協力し、同市が会場の車いすバスケットボールとスポーツ鬼ごっこの試合で行う。アプリのサイトは大会プログラムなどで公表する。25日から、試験の経費をインターネット上で募るクラウドファンディングを始める。問い合わせは電子メール(office@iseee.info)。
====
画期的な取り組みであり、
今秋の茨城大会でどこまで進化するのか注視したい。
茨城大会視察希望者にぜひ見ていただきたい視察ポイントであろうが、
よろしくお願いしますね。
 ※情報支援ボランティアの(もしもの)不足解消に効果ありかな?

Photo

« 災害学習の日 | トップページ | 三重県知事選挙における政見放送(手話通訳付き) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 災害学習の日 | トップページ | 三重県知事選挙における政見放送(手話通訳付き) »