2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 今日から3月 | トップページ | 手話通訳者の資格について考える »

2019/03/04

「手話言語法」の早期制定に向けた要望書を 山花、尾辻、長谷川各議員らが受理

3月1日に手話言語法制定推進運動本部が標記の要望書を提出した。
詳しくは、2019年3月2日付け立憲民主党ニュースを参照。
記事・写真の引用先 https://cdp-japan.jp/news/20190301_1399

 党障がい者プロジェクトチーム座長の山花郁夫衆院議員、厚労部会事務局長の尾辻かな子衆院議員、「情報・コミュニケーション法案、手話言語法案検討WT(ワーキングチーム)」事務局長の長谷川嘉一衆院議員は1日昼、手話言語法制定推進運動本部と懇談。「手話言語法」の早期制定に向けた要望書を受取りました。

 手話言語法制定推進運動本部では、「手話言語法」の制定に向けて2010年より取り組みを進めています。耳が聞こえる子どもたちは、義務教育の中で、当たり前に音声言語による教育を受けていますが、音声を聞くことができない子どもたちは、その機会が十分ではありません。日常生活においてはもちろん、ろう学校でも手話のできる教師が限られるため、手話を通じて教師とのコミュニケーションを自由にとることができず、言語を通じて思考力や想像力及び言語感覚を養う機会が十分に与えられていません。

 ニュージーランド、韓国、フィリピンや欧州諸外国では手話は公的言語として規定され、ろう児・ろう者が教育課程で手話言語を獲得し、公共機関における手話言語による情報配信や教育の提供、ろう児を持つ親への支援なども進んでいます。

 そこで同本部は、音声言語と同等に手話言語を言語として認め、手話言語で教育を受ける環境や、手話言語を体系的に獲得できる法的環境の整備を進め、さらに立憲民主党の今年の選挙の公約にも取り入れてほしい旨、要請をしました。
====
倉野副会長お疲れさまです。
翌日のデフリンピック・フェスティバルでは、
立ち見客が出たほど〝満員御礼〟の1000人が入場。
当日の様子がyoutubeで見れる。
https://www.youtube.com/watch?v=skn00jo94vU
個人的には、男性の手話通訳表現がインパクトあるねぇ。
また、昨日のみみの日では、午前中からの200名に
午後のみの400名を足した600名が参加した。
名張市行政のご尽力、講師のネームバリュー、マスコミなどによる効果かと…。

Hplce4glpgbo3mmddoyxbdmh_tn600

« 今日から3月 | トップページ | 手話通訳者の資格について考える »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日から3月 | トップページ | 手話通訳者の資格について考える »