2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 予算決算常任委員会 | トップページ | 東海聴覚障害者大会 »

2019/03/18

災害時の障がい者支援 沖縄県主催

今日付け八重山毎日新聞より記事と写真を引用。
http://www.y-mainichi.co.jp/news/35136/

緊急通報システムなど学ぶ
 離島地域での障がい者の情報保証を推進する「災害時情報ネットワーク構築・離島地域ネットワーク構築事業」(県主催)が16日から2日間、市健康福祉センターであり、郡内の聴覚障がい者ら約20人がNET119緊急通報システムなど障がい者支援ツールを学んだ。石垣市での同システムの導入を求める意見が上がった。
 県の委託を受けた一般社団法人県聴覚障害者協会沖縄聴覚障害者情報センターが実施した。
 17日午後は、同センターの田中雄喜相談員が講師を務め、NET119緊急通報システムについて解説。聴覚や発話に障がいのある人を対象にしたツールで、携帯電話のGPS機能や画面操作を使い、音声なしで速やかな119番通報が可能。オペレーターが通訳となり、聴覚障がい者の電話を仲介する「電話リレーサービス」なども紹介した。
 緊急通報システムの活用には市町村ごとにシステムの登録、設定が必要で、県内では17日現在、唯一、那覇市で4月からの導入が決定している。
 聴覚に障がいがある本村順子さん(58)=新川=は「NET119の導入が広がり、石垣市でも実施してほしい。台風の時など災害時の市の情報提供は音声によるものが多いが、文字情報でも広報してほしい。交通機関でも、文字情報の掲示や手話サービスがもっと必要だと思う」と要望した。
====
本記事は3月16~17日の出来事であるが、
写真を見ると、講師は半袖かりゆしウェア。
石垣島はもう暑いでしょうが、思わず移住したくなる・・・。

35136_

« 予算決算常任委員会 | トップページ | 東海聴覚障害者大会 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 予算決算常任委員会 | トップページ | 東海聴覚障害者大会 »