2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 医師の無理解…勉ちゃんは息絶えた ろう夫婦決意の出産 | トップページ | 今年の夏は奈良 »

2019/03/12

新年度の厚生労働省施策

3月7日に開催された障害保健福祉関係主管課長会議の
資料が公開されており、斜め読みして感じたことを書きたい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigi_shiryou/index.html

◆意思疎通支援事業
新年度から地域生活支援促進事業に
「意思疎通支援従事者キャリアパス構築支援事業」を新たに創設。
 ・意思疎通支援者のスキルアップ研修に対する支援
 ・手話通訳士試験に向けた講座及び
  手話通訳士の技術向上のための講座に
  受講者を派遣する事業
 
手話通訳者の設置がない市町村窓口等において、
遠隔手話通訳サービスを導入した場合にも、
地域生活支援事業の対象とすることとしているが、
新年度からは、手話通訳者の派遣事業においても
聴覚障害者の所有するタブレット等を用いた
遠隔手話通訳サービスによる提供も
地域生活支援事業の対象とすることとする。
なお、本対応は聴覚障害者に対する
意思疎通支援体制の強化の一手段として、
手話通訳者の設置または派遣が困難な場合に限る。
(現在設置や派遣されている手話通訳者の代替として
 遠隔手話通訳サービスを導入することではない)

この事業の実施要領からでは、
急な派遣依頼など手話通訳者の派遣が困難な場合においては、
タブレット等を用いた遠隔手話通訳サービスによる実施も可能。
ただし、当該遠隔手話サービスを実施する際に利用者が使用する
タブレット等の購入及び通信等に要する経費については、
本事業の対象経費とはならない。
とある。

◆電話リレーサービス提供事業
各自治体においても聴覚障害者の電話リレーサービス利用が進むよう、
聴覚障害者が多く参加する場など様々な機会を活用し
事業内容や登録方法等の積極的な周知を!!とある。
(参考)日本財団ホームページhttp://trs-nippon.jp/
などであった。
====
もっとゆっくり読みたいが、時間が足りず…。
災害時における視聴覚障害者支援について
今年も三重県(聴覚障害者支援センター)の取り組みが紹介されているね。

« 医師の無理解…勉ちゃんは息絶えた ろう夫婦決意の出産 | トップページ | 今年の夏は奈良 »

(o|o)ひとりごと・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 医師の無理解…勉ちゃんは息絶えた ろう夫婦決意の出産 | トップページ | 今年の夏は奈良 »