2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« みえの防災奨励賞(今日2通目) | トップページ | みえデフNEWSができるまで »

2018/11/26

聴覚障害男女3人遭難、命つないだ民間「電話リレーサービス」

皆さん3連休いかがでしたか?
さて、今日は、11月24日付け毎日新聞を紹介するね。

引用先(記事・写真1点)
https://mainichi.jp/articles/20181124/mog/00m/040/003000c

聴覚障害男女3人遭難、命つないだ民間「電話リレーサービス」

 岐阜、長野県境の奥穂高岳で10月下旬、聴覚障害がある50代の男女3人が遭難し、手話や文字で通話できる民間の「電話リレーサービス」を使って警察に救助を要請していた。女性1人が亡くなったが、助かった男性は「要請できなければ全員死んでいたかも」と振り返る。国内には24時間対応できるリレーサービスがなく、障害者団体は「いつでも緊急通報できる環境を国が整備すべきだ」と訴える。【谷本仁美】

 「119番してほしい」。10月20日午後5時半ごろ、愛知県の男性はスマートフォンの画面越しに、電話リレーサービスを請け負う「プラスヴォイス」(仙台市)のオペレーターに手話で訴えた。男性を含む3人は穂高岳近くの山荘を目指していたが、積雪と強風と寒さで身動きが取れなくなっていた。

 本来、リレーサービスは「誤訳」した場合の責任などの問題から、緊急通報は受け付けていない。しかし、過去にこうした依頼に応じて救命につながったケースもあり、オペレーターは人命を優先して警察に通報。通信状態は悪かったが、文字入力を使って状況を聞き「明朝6時にヘリコプターが向かうのでスマホの電源を切り、その場から動かないように」と警察からの指示を伝えた。

 3人がいたのは人がすれ違うのも難しい切り立った斜面で、風よけができる場所を見つけて朝を待った。衰弱した女性は助からなかったが、男性2人はヘリで救助された。

 プラスヴォイスを含めた国内の事業者は、いずれも人繰りなどの問題で夜間は対応していない。男性は毎日新聞の取材に、防寒対策などが足りなかったことを悔やみつつ「利用時間外であれば救助を呼べず、全員が死んでいたかもしれない。聞こえる人と同じように、ろう者も24時間緊急通報できるようになるといい」と話した。

 電話リレーサービスの普及に取り組んでいる日本財団によると、日本を除く主要7カ国(G7)のほか、韓国、タイ、エジプト、コロンビアなど計25カ国では同サービスが公的なインフラとして整備されている。全日本ろうあ連盟は総務省に24時間対応可能なサービスの制度化の要望を続けているが、具体的な動きはないという。

 同連盟理事の小椋武夫さんは「手話は独自の文法を持つため、メールなど文字でのやり取りが苦手な聴覚障害者もおり、緊急時に十分な説明ができない可能性がある。また、手話は個人差が大きく、表情なども重要な要素なので、人工知能を使った今の技術でも正しく認識できる水準にない。通訳者が入るリレーサービスへの期待は高く、国に整備を求めたい」と訴える。

電話リレーサービス

 聴覚障害者と通訳者をインターネット、通訳者と相手を電話で結び、手話が分からない人とも話ができるサービス。日本財団が2013年からモデルプロジェクトを始め、利用者は専用サイトから事業者(民間3社と12自治体の聴覚障害者情報センター)と「手話か文字か」を選び、通訳のオペレーターを介して電話先の相手と会話する。今年6月現在の利用登録者は約7500人。

国のシステム「動画取り入れは難しい」

 聴覚障害者の救助要請などのため国が普及を図っているのが「NET119 緊急通報システム」だ。スマートフォンなどで表示画面をタッチすると、最寄りの消防署のパソコンにつながり、文字入力でチャットができる。住所や名前は、あらかじめ登録しておく。

 6月時点で導入している消防本部は全国の約2割の142本部。総務省消防庁は2020年までの100%導入を目指し、今年度から交付税による財政支援も始めた。だが、今回遭難事故が起きた奥穂高岳のある長野、岐阜両県内では採用されておらず、救助された男性もシステムを知らなかったという。

 聴覚障害者の間では、電話リレーサービスのように慣れている手話での対応を望む声も強い。だが、同庁防災情報室は「災害時の電波状況などを考えると動画を取り入れるのは難しい」と消極的だ。
====
電話リレーサービスの普及は大事と認識しているが、
命を守るには防寒対策が最重要ですね。

1126

« みえの防災奨励賞(今日2通目) | トップページ | みえデフNEWSができるまで »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« みえの防災奨励賞(今日2通目) | トップページ | みえデフNEWSができるまで »