2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 三重通研大学習会 | トップページ | 9月号(訂正とお詫び) »

2018/09/14

強制不妊問題 聴覚障害者、月内にも提訴 神戸と明石の夫婦

昨日付け神戸新聞を紹介しますね。
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201809/0011637668.shtml
 旧優生保護法(1948~96年)に基づき、障害者らに不妊手術が繰り返されていた問題で、聴覚障害を理由に手術を強いられた神戸市の男性(79)と明石市の女性(86)が、国に損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こす意向を固めた。支援する優生保護法被害兵庫弁護団が13日会見し、9月末の提訴を目指して準備を進めていることを明らかにした。
 この問題で聴覚障害者が提訴するのは全国初。それぞれの配偶者にも聴覚障害があり、原告に加わる。
 弁護団によると、神戸市の男性は妻と結婚する数カ月前、20代で手術を受けた。双方の親同士が本人たちには隠したまま、不妊手術を「結婚の条件」と決めていたという。一方、明石市の女性も20代で夫と結婚し、間もなく妊娠したが、同じく説明もなく肉親に中絶手術と不妊手術を強いられたという。
 請求する賠償額は検討中だが、弁護団は旧法について「(子どもを持つかどうかの)自己決定権を侵害する違憲な法律だった」と主張している。
====
聴覚障害者も提訴に踏み切ったことを讃えたい。
応援しましょう!!
神戸地裁は赤レンガ造り、上階層はガラス張り、
なかなかオサレですね(写真は神戸新聞の記事より引用)。
なお、三重では9月いっぱい調査中。

B_11637669

« 三重通研大学習会 | トップページ | 9月号(訂正とお詫び) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三重通研大学習会 | トップページ | 9月号(訂正とお詫び) »