2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月に作成された記事

2018-07-31

ユニバーサルデザインセミナー

今日で7月が終わっちゃいますね。
8月10日(金)午前10時から正午前、
三重県庁講堂において手話通訳・要約筆記付きで開催される。
内容は、講演「ヘルプマークを知っていますか?」、
三重県ヘルプマーク・アンバサダーの小﨑麻莉絵さんが語る。
http://www.pref.mie.lg.jp/UD/HP/p0051400002.htm
参加希望者は、上記URLにある申し込みフォームまたは、
三重県子ども・福祉部地域福祉課までFAXをお願いします。0810_2

2018-07-30

音声なしに情報伝えよう 来秋の全国障害者スポーツ大会 ボランティア研修始まる

今日付け東京新聞より。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201807/CK2018073002000155.html
 来秋の国体後に開かれる全国障害者スポーツ大会(いきいき茨城ゆめ大会)で、聴覚に障害のある人らに情報を伝える手話や要約筆記の「情報支援ボランティア」の養成研修会が二十九日、始まった。茨城町総合福祉センターの会場には約七十人が参加。ボランティアの心構えをはじめ、大会用語などの表現を習った。
 水戸市の公務員平川惇さん(28)は、職場で手話で話し掛けられ何もできなかったもどかしさから手話を習い始めた。「勉強している手話で、少しでも大会に貢献したいと思って」と応募したという。水戸市の会社員熊井弘子さん(59)は「地元の大きな催しに参加できるチャンス。専門用語は難しいけれど、ワクワクしながら勉強しています」と話す。研修会は来年一月まで県内五会場で開かれる。
 ゆめ大会では、十月十~十五日に障害者ら約五千五百人が来県する予定。開閉会式や競技会場、交通拠点などに、県は情報支援ボランティアは約六百人が必要とみている。応募したボランティアは約五百三十人で、現在も募集している。県の担当者は「使って楽しい。通じればうれしい。いい機会だと思うのでぜひ参加を」と呼び掛ける。
 問い合わせは、県障害者スポーツ大会課=電029(301)5409=へ。(鈴木学)
====
とこわか大会も600人規模を予定している。

2018-07-27

【重要】 中止決定です!! (今日2通目)

明日と明後日の2日間にわたって
名張市内で行う予定の県サ連共催企画
(納涼交流会、「やさしい手話学校」)については、
台風12号の影響に鑑み、
参加者の安全などを考慮して
中止と決定した。
 ※県サ連さんと確認済みです。
なお、当日の飛び入り参加を予定している方がいると思い、
手話サークル等に拡散いただきますようよろしくお願いします。

台風12号、東海最接近は明晩

熱闘甲子園 三重大会が終わり、
三重県を中心にインターハイが昨日開幕された。
https://www.koukousoutai.com/2018soutai/
猛暑が続くなか、あいにく台風が上陸されることから
下記のとおりLINEに発信した。
登録まだの方は、LINEの登録をお願いします。

Screenshot_201807271003

2018-07-26

西日本豪雨の被害状況について

このほど全日ろう連ホームページに公開された。
https://www.jfd.or.jp/saigai/nishinihon-gouu-higai
この中に案内されている広島ろうあ連盟Facebookにおいても
被災状況・復旧作業の状況を発信されている。
 ※当協会から全日ろう連 倉野理事が支援活動。ご苦労さま。
また、目で聴くテレビTwitterも
本連盟理事長の手話インタピューが掲載中。
https://twitter.com/medekikutv/status/1022109774068899840?s=12
====
広島の友だちに聞くと、
猛暑にこたえるので、熱中症予防のため
こまめな休憩が必要で、なかなか作業が進まないとのこと。
まずは支援金を...と、
皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

2018-07-25

医療機関における障害者への合理的配慮 事例集

厚生労働省HPに7月20日付けで新着掲載された。
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/sabetsu_kaisho/
事例集
平成29年度障害者総合福祉推進事業の一環として、
株式会社ミライロが制作・発行された。
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/sabetsu_kaisho/dl/sanko_iryoujireisyu.pdf
====
内部障害のある方、触れられてないみたいですね。

Photo

2018-07-24

開幕まであと2年

今日は朝も夜も東京オリンピック特番、

まだまだやと思っていたらもう2年後ですね。

メイン会場は今4割の出来、ワクワク。

キャラクターの「ミライトワ」うむうむ(苦笑)。

でも気になるのはやはり「猛暑」対策、

2年後の今日はもっと暑くなるじゃないかと心配…。

連日の猛暑にぐったり、いつまで続くかしら?

今週末は恵みの雨が降りそうですね。

2018-07-23

暑中お見舞い申し上げます

厚生労働省HPの熱中症関連情報に
7月20日付け事務連絡が掲載されている。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/index.html
連日、記録的な猛暑になっており、
熱中症による健康被害が発生しております。
気温の高い日が続く今夏において、
国民一人に一人に対して熱中症予防の普及啓発・
注意喚起を行う等、対策に万全を期すことが重要です。
とあるので、こまめな水分・塩分の補給、
扇風機やエアコンの利用等の熱中症予防をお願いしますね。

2018-07-20

映画「聲の形」

ご存じのとおり標記の映画について
地上波初放送が決定された。
8月25日(土)NHKEテレにて
夜21時から放送される予定。
http://koenokatachi-movie.com/
====
2年ほど前に全国公開されたあの映画が
茶の間で見れることはいいですねぇ。
お涙頂戴の24時間テレビと被っていますなぁ苦笑。

Koenokatachi_3_fixw_234

2018-07-19

三重とこわか国体の開催が決定!!

昨日開催の日本スポーツ協会理事会において、
第76回国民体育大会の開催地を
三重県とすることが決定された。
http://www.pref.mie.lg.jp/KOKUTAI/HP/m0011800157.htm
開催決定に関する知事の謝辞は、下記PDFにて。
http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000792709.pdf
====
いよいよですね。
とこわか大会は、近日中に追って決まる。
いやいや来週のインターハイ三重開幕、応援しなきゃ!!

_20180719_085354

2018-07-18

薬剤師さんの手話入門

東京都薬剤師会さんによる
全日本ろうあ連盟監修の手話学習動画。
http://learning-tokyo.com/
====
薬剤師さんはウマいですね。
(実は、手話通訳士なんです笑)
看護師など医療関係者の手話学習動画も
三重県にもあるといいですね。

2018-07-17

各省庁へ聴覚障害者の暮らし等に関わる要望を提出

今日、全日ろう連の理事が

いくつかのグループにわかれて

各省庁を訪問して中央交渉を行われた。

先月の全国ろうあ者大会(於 大阪)において

聴覚障害者の福祉施策に関する大会決議があったことを受け、

先週末の理事会を経て行うものであり、

当協会から倉野副会長がスポーツ庁などを訪問したそう。

いつもお疲れさまです。

スポーツ庁に聴覚障害者のスポーツ施策について要望書を提出

https://www.jfd.or.jp/info/2018/20180717-yobo11-sports.html

他の省庁については、下記を参照されたい。

https://www.jfd.o.jp/2018/07/17/pid17922

2018-07-13

第30回ろう教育を考える全国討論集会in富山

7月11日現在では、県外から69人、
富山県内から24名、及び要員参加57名、合計150名だそう。
まだまだ目標に達してなく、県外からの申し込みは最低でも
100名以上欲しいとの実行委員会談。
私たちの未来を担う子どもたちの教育と福祉に関わり、
手話教育や療育面での支援に向けた実践報告と討論を
一人でも多くの皆さまと一緒に行えたらとのこと。
参加申込締切延長は、7月25日。

案内書
http://www.normanet.ne.jp/~deafedu/deaf-ed2018toyama.pdf

2018-07-12

西日本豪雨について

2018年7月5日から西日本を襲った豪雨について、日を追うごとに被害が明らかになってきています。
政府内では非常災害対策本部が設置され、災害救助法適用地域は8府県98自治体(7月9日現在)にも及んでいます。
これらの状況を受け、現在、聴覚障害者災害救援中央本部でも、ろう者及び手話関係者等の現地被害の情報収集と支援方法の検討をしています。
被害を受けたろう者及び手話関係者等への支援活動を円滑に進めるためにも「聴覚障害者災害救援基金」について皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。
https://www.jfd.or.jp/2018/07/11/pid17934
====
ご支援いただける方は、当協会事務局まで。

Photo

2018-07-11

静岡県からマスコミ2件

① 中日新聞/聴覚障害者の宿泊拒否 熱海市施設

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/tokai-news/CK2018071002000088.html

熱海市の青少年教育宿泊施設「姫の沢公園自然の家」が一月、聴覚障害を理由に全日本ろうあ連盟青年部約百人の宿泊依頼を断っていたことが分かった。二〇一六年四月施行の障害者差別解消法では、障害者への不当な差別を禁じ、個別の障害に対して合理的配慮をするよう求めている。宿泊手配を代行した静岡県聴覚障害者協会は「聴覚障害者と分かると急に難色を示した。対応を話し合う姿勢がほしかった」としている。

静岡県は一七年四月、県障害者差別解消推進条例を施行し、相談窓口を設けるなど対策を進めている。

協会によると、全日本ろうあ連盟青年部は七月十四、十五日に県内で一泊二日の研修会を企画。連盟から依頼を受けた協会の職員が手話通訳者を介して施設に約百人の宿泊を申し込んだが、施設側から「緊急時や災害時に対応できない。聴覚障害者の専用施設に泊まってはどうか」と断られた。協会が県を通して抗議すると「条例があるのに申し訳なかった」と謝罪があった。県内に聴覚障害者専用施設は無い。連盟は別の宿泊施設を手配した。

自然の家は熱海市の施設。施設によると市の指導を受けて聴覚障害者の受け入れ態勢を整えた。佐藤康弘所長は中日新聞の取材に「聴覚障害者は火災報知機の音が聞こえない。耐震化も不十分でバリアフリーでもなく、安全確保が厳しい。市の指導後に受け入れを決めたが、連盟の連絡先が分からなかった」と述べた。

協会の小倉健太郎事務局長は「聴覚障害者は受け入れられないと言われ、気分が悪くなった。条例ではなく、権利の問題。障害がない人と同等のサービスを受けたいだけなのに、何が差別なのか分かっていない」と手話で話した。

協会は九日、県東部の観光施設でも聴覚障害者の利用拒否があったとして県に調査を申し入れた。施設は中日新聞の取材に「障害のある方には安全上の配慮をした上でできる限りの対応をしている。拒否は考えにくい」と述べ、利用拒否の記録はなかったとした。

県障害者政策課によると、一七年度に県や市町に障害に関する相談は二百件あり、うち五十件は「差別的な扱いを受けた」という相談だった。石田雄一課長代理は「法律や条例の周知が十分ではない。相談は必要に応じて是正指導する」と述べた。

(松野穂波)

② テレビ静岡/幼児期から手話を・・・手話の普及に向け静岡県が協議会立ち上げ

https://sp.fnn.jp/posts/840SUT 動画あり

県は誰もが暮らしやすい社会を実現しようと、手話の普及を目指す「手話言語条例」を今年3月に施行しました。

9日、手話をどう広めていくかを考える検討会が初めて開かれ、まず県からチラシの配布や講習会の開催など普及啓発に力を入れていく方針が示されました。

これに対し出席した委員からは「乳幼児期から手話を取り入れる機会を設けてほしい」「手話を学べる場が少ないので気軽に親しめる機会をつくってほしい」といった意見が出されました。

県は出された意見を参考に、今後普及啓発などの取り組みに反映させる方針です。
====

聴覚障害を理由に拒否...、まだまだ差別がありますね。

兵庫県の居酒屋予約拒否、東京の娯楽施設入場拒否など...

1986年に鈴鹿で開かれた全青研、

確か青少年センターと青少年スポーツセンターで

600名近くも宿泊を伴う研修を行ったときは何もなかった。
手話言語条例の施行により、協議会が設置されたばかりであり、

1日も早く安心して暮らせる社会になれたら,,,と願ってやまない。

2018-07-10

聴覚・ろう重複センターひまわり

現在、日中一時支援事業を行っているところですが、
今月から新たに2つの事業が始まることになった。
いずれも聴覚障害児に特化した事業であり、三重県初。
詳細は、当協会の機関紙7月号にて。
====
機関紙のご購読、当協会事務局にて随時受付中(^^)。
 お試し購読(3ヶ月)
 購読会員(1年間)
 賛助会員(1年間)※新聞購読料込
いずれかご希望のコースにお申し込みいただけます!!

2018-07-09

梅雨明け

やっとの思いで梅雨明け。
先週は梅雨逆戻り?の大荒れ1週間であり、
梅雨前線の活発で甚大な被害をもたらし、
お亡くなりになられた方のご冥福および、
被災された皆さまにお見舞い申し上げます。
しかし、気象庁の定例記者会見等に手話通訳が付かず。
全日ろう連が気象庁、NHK、民放連に
聴覚障害者への情報保障について緊急要望を提出した。
https://www.jfd.or.jp/2018/07/09/pid17908
なお、政府インターネットテレビ 官房長官記者会見では、
手話通訳が付いている。
https://nettv.gov-online.go.jp/category_index.html?t=105

2018-07-06

使える!スポーツ手話ハンドブック

このほど全日ろう連から発売された。

http://jfd.shop-pro.jp/?pid=132926516

2020年に迫った東京オリパラ、

また全国各地で開催されるスポーツ大会や

ろうあ者体育大会などで使える、

さまざまな手話表現を網羅した書籍。
246単語掲載、A5判160ページ1,404円(税込)。{

B0551cov

2018-07-05

障害者差別解消条例

たいへん遅くなったが、去る6月29日に県議会において
「障がいの有無にかかわらず誰もが共に暮らしやすい三重県づくり条例案」が可決された。

6月30日付け伊勢新聞より引用。
https://this.kiji.is/385360623532065889
 ↓
三重県議会 障害者差別解消条例を可決 相談員の設置義務付け

 三重県議会6月定例月会議は29日、本会議を再開し、障害者への差別解消を目指す「障がいの有無にかかわらず誰もが共に暮らしやすい三重県づくり条例案」を原案通り全会一致で可決した10月1日から施行する。
 条例の制定は、県議会が「障がい者差別解消条例策定調査特別委員会」(13人)を設置し、昨年5月から検討。障害者団体や県民からの意見を踏まえて条例案を策定し、杉本熊野委員長が県議会に提出した。
 条例では、障害を理由とする差別を禁じ、相談を受け付ける相談員の設置を県に義務付ける。障害者の社会参加を妨げる要因を取り除く「合理的な配慮」を行政機関に義務付け、事業者には努力義務として課す。
 県議会事務局などによると、障害者への差別解消を目指す条例は少なくとも28都道府県が施行。県内では名張市が平成28年4月に施行し、四日市市も本年度中に条例を制定する見通し。
 このほか、県議会は桑名市五反田の不法投棄事案をめぐる対策工事に1億円追加する工事契約変更や、収用委員会委員に名古屋経済大教授の門脇美恵氏(40)を新任する選任案など13議案を全会一致で可決した。
====
施行される10月から「ホントに変わったねぇ」と
言えるような社会になって欲しいですね。

本条例の概要(三重県議会HPより引用)

Photo

2018-07-04

電話リレーサービス啓発普及学習会

今年度も日本財団の助成で開催される。
今回は、三重でも開催することになった。
8月13日(月)午後、県社会福祉会館3階講堂にて。
詳しいチラシは、下の画像で確認されたい。
なお、他県の開催地などについては、下記URLにクリックしてね。
https://www.jfd.or.jp/trs/gakushukai
たくさんのお申し込みをお待ちしています(^^)。

07_27944_lgtonet_2

2018-07-03

デフリンピック2025日本招致

障がい者スポーツ・パラリンピック推進議員連盟

スペシャルオリンピックス支援ワーキングチーム・

デフリンピック支援ワーキングチーム

という長~い名称であるが、

昨日、都内で合同会議が開催され、

デフリンピック2025日本招致のプレゼンが行われたそう。

https://www.jfd.or.jp/2018/07/03/pid17879

====

倉野さんこれから忙しくなるので、
さらにダイエットができるといいですね。

Dlpc2025banner

2018-07-02

県サ連との共同企画

今年ももう半年消化、7月になっちゃいましたね。
遅くなったが、県サ連さんからのお知らせです。
https://www.facebook.com/mie.saren
三聴障協【三重県聴覚障害者協会】との共催企画のお知らせです!
今年度は、“夏!”に企画しました✨

7月28日(土)夜
『納涼交流会』
開始時間は17時と、地元名張での花火大会もあるので、
早い時間からの開催となってます。
終了後は、みんなで花火見物をしながら手話の花も咲かせませんか??

翌日7月29日(日)
『やさしい手話学校』と題して学習会を企画しました。
名張市に取り入れられた「遠隔手話通訳サービス」の体験や例年恒例の
「手話クイズ」など楽しく手話を学べる企画となっています!

是非、サークルの皆さんでご参加下さい。
たくさんのお申込みお待ちしてます!
申込み先は、三聴障協となっています。
====
当日は晴れるといいですね。

28

29

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

アクセスいくつかな?

天気予報

今日の名言

無料ブログはココログ