2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 178自治体が手話言語条例制定 | トップページ | 関西NEWS NHKから »

2018/05/09

障害者差別解消へ、ろう者が会長に 大津の地域協議会

今日付け京都新聞より引用。

http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20180509000082

障害者差別解消法に基づく「大津市障害者差別解消支援地域協議会」の会長を、手話でやりとりをするろう者の石野富志三郎さん(66)=同市中野1丁目=が務めている。全国各地で設置が進む地域協議会で、聴覚障害者がトップに就いたのは初めてとみられる。同市では会議時に手話通訳者を増やして4人体制にしたり、名前を告げてから発言したりするなどの約束事を明文化して配慮した。

地域協議会は障害を理由とする差別をなくすため、地域の実情に応じた取り組みをするネットワーク。内閣府によると、都道府県や市町村に約740(昨年4月1日時点)あり、医療、福祉、法曹などの関係機関で構成する。学識経験者が会長に就く自治体が多く、石野さんが理事長を務める全日本ろうあ連盟(東京都)によると、聴覚障害者の会長就任は全国初という。

大津市の地域協議会は今年1月、約40機関で発足。会長には、同市の障害者差別解消部会の部会長で、内閣府の審議会メンバーでもあった石野さんを満場一致で選出した。「発言を終えたら『以上です』と言う」「1時間に1回休憩を入れる」「要約筆記者の配置を必要に応じて行う」などの「会議での約束事」も一覧にして採択した。

地域協議会事務局の市障害福祉課は、会長、副会長間の議事進行を助ける通訳者を配置し、通常は30分交代で2人が務める手話通訳を4人に増やした。このほか、「ゆっくりわかりやすく」を希望するイエローカードや、難しい言葉に「ストップ」をかけるレッドカードなど、参加者が意思表示できる紙も用意した。

石野さんは「当たり前のことかもしれないが、障害当事者が参加しやすいルールを積み上げてきた。情報のやりとりが保障されれば、障害者は発言力を高められる」と話し、自治会の会合などでも広めたい考え。会長として「差別について身近に話し合える雰囲気をつくりたい。大津市がモデルになれば」と願っている。

====

私事で恐縮ですが、

三聴障協に入会した年の福祉大会(於 津市久居)に

講師として来ていただいたときは、

当時が全日ろう連 青年部長だった石野氏。

顧みれば、36年前のこと…。
改めて尊敬しています。

« 178自治体が手話言語条例制定 | トップページ | 関西NEWS NHKから »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 178自治体が手話言語条例制定 | トップページ | 関西NEWS NHKから »