2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 情報支援ボランティア養成講師募集説明会 | トップページ | 全国手話検定試験合格発表 »

2017-12-20

障害者差別解消法

ご存じのとおり昨年4月に施行されたが、

今年度の「障害者に関する世論調査」結果では、

障害者差別解消法を知っていると回答した方は21.9%。

例えば10人のうち8人は知らないという計算ですね汗。

さて、三重県議会でも条例の制定に向けて審議されており、

今日の伊勢新聞コラム「大観小観」を紹介しておきたい。

http://www.isenp.co.jp/2017/12/20/11772/

▼「なぜ国の機関を(障害者への差別を解消する合理的配慮の対象から)除くのか」の質問に「県組織での解決は難しい」と答えたのは県当局のようだ

▼「障がい者が暮らしやすい県づくり条例(仮称)」を進める県議会障がい者差別解消条例策定調査特別委員会で示された正副委員長案審議。選挙区調査特別委員会の正副委員長案や委員長案と違って、策定に県が関わったということだろう。混乱はないに違いないが、国の機関を外すなどとは県議としてはなかなか口にできることではあるまい

▼四日市公害以来しばらくは県の環境条例や要綱の厳しさは法の数歩先を行っていた。国道建設を巡り、国の甘い基準でよしとする県道路建設課と条例順守を主張する議会とが、けんけんがくがく渡り合ったこともある。長いものには巻かれろ、は県の体質だが、「合理的配慮」についても、法が「負担が過重でないとき」「怠ることによつて(障害者の権利利益の侵害に)ならないよう」と定義づけているのに対し、県条例への正副委員長案は「費用や人手が負担にならない範囲」だけのようで、むしろ後退の印象である

▼自治体へは義務づけ、民間へは努力義務にするというのも、障害者差別解消法そのまま。同法施行を受けての差別解消体制や、仕組みの整備が県独自の条例を策定するねらいだが、法を逸脱しないようにというへっぴり腰が目につく

▼知事に助言やあっせんを申し立てる仕組みや課題を調査研究する「差別解消支援協議会」設立、支援事業者表彰制度などは条例ならではだが県独自というほどのことかどうか。

« 情報支援ボランティア養成講師募集説明会 | トップページ | 全国手話検定試験合格発表 »

(o|o)ひとりごと・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 情報支援ボランティア養成講師募集説明会 | トップページ | 全国手話検定試験合格発表 »