2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 手話に関する意見の公募 | トップページ | 今日は防災の日 »

2017-08-31

最多27メダル獲得デフリンピック選手団に特別表彰

先日SNSなどですでにご存じかと思うが、

昨日は日本障がい者スポーツ協会から

夏季デフリンピック日本選手団に特別表彰された。

パラリンピックでは、日本パラリンピック委員会から

金150万円、銀100万円、銅70万円の報奨金が支給されるが、

デフリンピックの場合は、これまでに支給されてないのが現状であり、

今回の表彰は、一歩前進といい、とっても嬉しいニュースであろう。

奇しくもですが、今日は東京都内で帰国報告会が開催される。

全日本ろうあ連盟HPより。

日刊スポーツHPより。
https://www.nikkansports.com/olympic/paralympic/news/1880113.html

[2017
830197]
 第23回夏季デフリンピック日本選手団の特別表彰式が30日、都内の日本障がい者スポーツ協会(JPSA)で行われた。
 7月にトルコ・サムスンで開催された大会に、日本からは106選手が11競技に参加。過去最多27個のメダル(金6、銀9、銅12)を獲得した。
 JPSAの特別表彰は初めてで、鳥原光憲会長(74)は「私たちが目指す共生社会の実現へ、そして20年東京パラリンピックへ機運を高める意味でも大きな役割を果たしてくれました」と、表彰状とともに副賞500万円を日本選手団の山根昭治団長(61)に贈呈した。
 山根団長は「大会がネットでライブ中継されるなど、デフリンピックへの認知度も高まってきた印象があります。それもメダルを目標に頑張ってきた選手たち、各競技団体、スタッフみなさんの支えがあったからです」と受賞の喜びを語った。副賞はメダリストへの報奨金(金10万円、銀7万円、銅5万円、金獲得競技団体10万円)に充てられるという。
 デフリンピックは聴覚障がい者による国際総合スポーツ競技大会で、4年に1度開催されている。夏季大会は1924年にフランスで、冬季大会は49年にオーストリアで始まった。【小堀泰男】

 ◆日本選手団・粟野達人総監督(60)の話 代表選手選考では、世界選手権4位以内、アジア選手権2位以内という厳しい条件を設定しました。パラリンピックよりも認知度が低いにもかかわらず、すごい努力をしている選手がたくさんいるということです。強い選手を育てることでこれからもアピールしていきたい。

 ◆日本選手団・早瀬久美主将(42、マウンテンバイク・クロスカントリーで銅メダル)の話 現地で取材を受けた内容がすぐにネットにアップされるなど、デフリンピックというものをメディアを通じて紹介していただいた。私が帰国したら職場に新聞記事のコピーが掲示してあったりもしました。2年後には冬季大会があるので、ろう者の国際大会をPRする機会をどんどんつくっていきたいと思います。

« 手話に関する意見の公募 | トップページ | 今日は防災の日 »

おめでとう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 手話に関する意見の公募 | トップページ | 今日は防災の日 »