2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月に作成された記事

2017-08-31

最多27メダル獲得デフリンピック選手団に特別表彰

先日SNSなどですでにご存じかと思うが、

昨日は日本障がい者スポーツ協会から

夏季デフリンピック日本選手団に特別表彰された。

パラリンピックでは、日本パラリンピック委員会から

金150万円、銀100万円、銅70万円の報奨金が支給されるが、

デフリンピックの場合は、これまでに支給されてないのが現状であり、

今回の表彰は、一歩前進といい、とっても嬉しいニュースであろう。

奇しくもですが、今日は東京都内で帰国報告会が開催される。

全日本ろうあ連盟HPより。

日刊スポーツHPより。
https://www.nikkansports.com/olympic/paralympic/news/1880113.html

[2017
830197]
 第23回夏季デフリンピック日本選手団の特別表彰式が30日、都内の日本障がい者スポーツ協会(JPSA)で行われた。
 7月にトルコ・サムスンで開催された大会に、日本からは106選手が11競技に参加。過去最多27個のメダル(金6、銀9、銅12)を獲得した。
 JPSAの特別表彰は初めてで、鳥原光憲会長(74)は「私たちが目指す共生社会の実現へ、そして20年東京パラリンピックへ機運を高める意味でも大きな役割を果たしてくれました」と、表彰状とともに副賞500万円を日本選手団の山根昭治団長(61)に贈呈した。
 山根団長は「大会がネットでライブ中継されるなど、デフリンピックへの認知度も高まってきた印象があります。それもメダルを目標に頑張ってきた選手たち、各競技団体、スタッフみなさんの支えがあったからです」と受賞の喜びを語った。副賞はメダリストへの報奨金(金10万円、銀7万円、銅5万円、金獲得競技団体10万円)に充てられるという。
 デフリンピックは聴覚障がい者による国際総合スポーツ競技大会で、4年に1度開催されている。夏季大会は1924年にフランスで、冬季大会は49年にオーストリアで始まった。【小堀泰男】

 ◆日本選手団・粟野達人総監督(60)の話 代表選手選考では、世界選手権4位以内、アジア選手権2位以内という厳しい条件を設定しました。パラリンピックよりも認知度が低いにもかかわらず、すごい努力をしている選手がたくさんいるということです。強い選手を育てることでこれからもアピールしていきたい。

 ◆日本選手団・早瀬久美主将(42、マウンテンバイク・クロスカントリーで銅メダル)の話 現地で取材を受けた内容がすぐにネットにアップされるなど、デフリンピックというものをメディアを通じて紹介していただいた。私が帰国したら職場に新聞記事のコピーが掲示してあったりもしました。2年後には冬季大会があるので、ろう者の国際大会をPRする機会をどんどんつくっていきたいと思います。

2017-08-30

手話に関する意見の公募

全国手話研修センターの日本手話研究所が
新しい手話の創作にあたってパブコメを募っている。
このブログには遅くなって申し訳ないが、締切は明日。
積極的なご意見をよろしくお願いします。
====
「忖度(そんたく)」の手話なるほど・・・と思う方もいたら
違うなぁと思う方もいるだろうが、評価よろしくです。

0830

2017-08-29

今朝のテレビ

起きて付けたらチャンネルを変えてもミサイル情報…。
国民の生命を守るために断固たる抗議を行なったと
字幕に出てきたことは何よりですが、
依然として手話通訳は出てこなかった。
たまたまですが、NHKでは下記画像のとおり^m^。
====
先月に全日ろう連理事らが内閣府へ要望書を提出、
意見交換を行なった様子は下記HPにて。
0829

2017-08-28

メダリストが語るデフリンピック2017サムスン大会

来たる9月2日の夜、Eテレ「ろうを生きる難聴を生きる」に上記タイトルで放送される。
4年に一度開催される「聴覚障害者」のスポーツの祭典・デフリンピックが7月18日からトルコの都市・サムスンで開催された。
今大会には97の国と地域から、およそ3100人の聞こえないアスリートが出場。
日本は過去最多となるメダル27個を獲得した。
メダルを獲得した選手4名をスタジオに招き、大会の模様を振り返り、その戦いぶりについて語っていただくそう。
日本人選手の競技中の映像を使用し、勝負の決め手になったポイントなどをわかりやすく伝える。
====
そう言えば...一昨日と昨日は24時間テレビ。
皆さん見ましたか。
さてと、今度の土曜日は2チャンを見ましょう!!

2017-08-25

サオリーナ

このほど内覧会に招待され、参加させていただいた。
第一印象では、カラフルな施設という感じですね。
ジム、プール、ダンススタジオすべてそろってあり、
難聴者向けのループ席も備えてあることは良かったですが、
エレベーターは1ヶ所だけ・・・。
ただ、メインアリーナの大型映像スクリーンは小さいなぁと思った。
10月1日にオープニングイベントが開催、
吉田沙保里さんのトークショーなどがあるそう。
====
〝レスリング王国〟三重ならではの施設ですね。
中勢バイパスからは二度見してしまうが、わき見運転は止めましょうね。
825

2017-08-24

来週でもう暦の上ではスポーツの秋...

文化の日にあたる11月3日(祝・金)、
三重交通Gスポーツの杜伊勢・県営総合競技場で開催される。
出場申込締切は9月15日(厳守)、
当協会にはできれば2日前の13日までに。
来年度に開催される全国障害者スポーツ大会(福井県)への
選手選考の参考とするそう。
詳しくは下記URLにて。
====
あなたもボルトみたいに速くかっこよく走りませんか。

20170807

2017-08-23

専用メガネによる字幕付き映画上映情報

9月より一部の日本映画の字幕を
専用のメガネで見ることができるアプリの配信が開始されます。
これに伴い、東京・神奈川・名古屋・大阪の映画館4館で
専用メガネの無料貸出が実施されることになったそう。
現時点では、対応映画館、対応作品は不明であるが、
最新情報については、下記URLかチラシをご覧いただき、
メール登録することで情報を取得できるとのこと。

2017-08-22

この手話(ゆび)とまれ

今日もまた全通研ネタ。
集会の全通研ブースで買ったほやほやの新刊。
A5判で約80ページ、税込980円。
全通研事務所職員が描いたマンガ入りで、
手話が知らない人でも肩が凝らず、
わかりやすく親切に説明されており、
聞こえる人のみならず、
ろう者も読んでいただきたい一冊!!
本の内容は、下記のとおり。
 1.聞こえないってどんなこと?
 2.どこで学ぶ?~手話サークル・全通研~
 3.仲間づくり~全通研を知ろう~
 4.講座、試験を支える全通研
購入希望者は、三重通研の事務局まで。
170821

2017-08-21

全通研サマーフォーラム

昨日をもって3日間の集会が終わった。
三重とはうって変わってとっても暑かったね。
地元の山陽新聞社から記事があったので、ご参考までに。
 第50回全国手話通訳問題研究集会(全日本ろうあ連盟、全国手話通訳問題研究会主催)が18日、福山市で始まった。全国の聴覚障害者や手話を学ぶ人たちが20日までの3日間、講座と分科会を通じて支援の在り方や平和、人権などについて理解を深める。
 初日は同市松浜町のリーデンローズで開会式があり、約1100人が出席。同研究会の渡辺正夫会長らが「全国の手話通訳者の82%が非正規雇用で不安定な身分のまま働いている。聴覚障害者福祉と手話通訳者の社会的地位の向上を目指したい」とあいさつした。
 映画作家の大林宣彦さん=尾道市出身=が自身の監督作「風の歌が聴きたい」(1998年公開)をテーマに記念講演。モデルになった聴覚障害のある夫婦との交流のエピソードを紹介しながら「耳が不自由でも観察することで互いの心が分かると聞き、心が洗われた」と振り返り、「他者を認め合い、愛を育み、共存していこう」と呼び掛けた。
 19、20日は福山市立大(同市港町)などで講座や分科会が行われる。
====
参加者数はゾロ目の1111名だった。
(2年前の三重では、1044名)

0821

2017-08-18

全通研サマーフォーラム

今日から広島県福山市で始まった。
鈴鹿で開催して早くも2年、懐かしく思い出す…。
写真は開会式、全日ろう連理事長の挨拶。
記念講演、パーティーがあり、
明日と明後日は講座と分科会がある。
詳細報告は9月号、乞うご期待を!!

20170818141829_2

2017-08-17

全日ろう連から

新刊のお知らせが届いた。
『手話を学ぶ人のために』~もうひとつのことばの仕組みと働き~

A5判132ページ、税込1,728円。

本書は聴覚障害者や手話を学ぶ人に向けたもので、

言語学と社会言語学の観点から

手話はどういう言語であるかを説明されている。

難しそうですが、タメになりますぞ~。

Photo

2017-08-16

高齢部から

第3回茶話会&敬老会の連絡だよ。
9月25日(月)午前10時~午後3時、
聴覚障害者支援センター研修室において開催する。

午後の講演会は、『月曜男』の森﨑興蔵氏(静岡市ろう協)

参加費500円で締切は9月15日(金)まで(弁当付きなので、厳守)。

人気者ですので、お早めにね(笑)。

29

2017-08-10

全通研NOW!!

昨日の新着記事、見覚えのある顔が…。
は~い、アスト津で開催された全通研の行事!!
「第3回全通研アカデミー~全通研学校Ⅲ~<東海会場>」
三重通研運営委員の皆さんホントにご苦労さま。
三聴障協理事も頑張らなければ・・・。
====
下記のとおり当協会事務局は休業とさせていただきますので、
何とぞよろしくお願い申し上げます。
 お盆休み 8月14日(月)~15日(火)
  ※ブログも休ませていただきます。
    16日からまたよろしくお願いします。

2017-08-09

定例記者会見

4月に三重手話言語条例が施行され、4ヶ月が経った。
6月末に県議会中継への手話通訳導入に関するアンケート調査が
会員に送付したので、現在、回答集約しているところである。
また、一般県民にもアンケートが行われ、このほど結果が公開された。
三重県IT広聴事業e-モニター(電子アンケート)
「三重県議会中継と斎宮に関するアンケート」
回答者の約8割が手話通訳導入を肯定しているものの、
費用に課題があるという人は約7割にのぼっていることがうかがえる。
 
(参考)知事と県議会議長の手話通訳付き記者会見URL

2017-08-08

障害者介助等助成金

ICT(情報通信技術)を活用した事例でも支給対象に。
聴覚障害者との職場でのやりとり、
聴覚障害者が出席する会議等で、
手話通訳が必要になった際に、
遠隔手話サービスを使用することができる。
 
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
====
6月の参議院厚生労働委員会において指摘があったことから
リーフレットを改善されたそう。
昭和55年に作られたものですが、制度疲労でしょうかね。Q2k4vk000000zfey

2017-08-07

台風最接近

三重県では、今朝7時の気象庁発表によると、

12時間後に台風5号の暴風警戒域に入る恐れがあるとのこと。

今後の台風情報などに十分ご注意ください。

また、土砂災害や河川氾濫の恐れもあり、暴風雨に厳重な警戒が必要。

夜まで荒天が続くので、不要な外出は控えてください。

防災みえ.jp http://www.bosaimie.jp/

2017-08-03

NHK手話ニュース

特設ニュース(約8分間)
7月29日週間手話・30日夜手話ニュース放送
デフリンピック 日本のメダル過去最多
 
動画ニュース
8月2日放送
デフリンピック 選手 喜び語る
 
期間限定公開ですので、お早めに視聴してくださいね。

2017-08-02

全通研サマーフォーラム

昨日、標記集会の大会誌一式が届いた。
パラパラめくると、2年前の余韻が蘇ってくる。
昨年の神奈川もですが、
実行委員と要員に「お疲れさま」と労いたくなる。
今回は三重からレポート報告がある。
 
実行委員会ブログ

2017-08-01

応援してくださった皆様へ

デフリンピック日本選手団からのお礼の動画。

https://www.youtube.com/watch?v=xqNvGmr2Os8&feature=youtu.be

倉野総務は健在で何より良かったね!!

三重の仕事いっぱい溜まってますから待ってますね(笑)。

今夜7時半ごろ成田空港に到着される予定。

ところで、ろう者サッカー女子日本代表チームのドキュメンタリー映画

「アイ・コンタクト」というドキュメンタリー映画の製作、

そして本を執筆された当事者である中村和彦様のブログを読んでいただきたい。

http://blog.goo.ne.jp/kazuhiko-nakamura/c/fcd65f0445f770725b35530cdb648802

(デフリンピックのカテゴリーにしたので、前ページにも移動してね)

4年後は家でテレビ観戦ができることを願ってやまない。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »