2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 全日ろう連評議員会 | トップページ | 電話リレーサービスが救助に大きく貢献 »

2017-06-05

電話リレーサービス

聴覚障がい者のボート転覆「電話リレーサービス」で4人救出
 (引用先 2017年6月5日05:30 スポニチ)
愛知県西尾市一色町沖の三河湾で3日夜、転覆したプレジャーボートにつかまるなどしていた46〜51歳の会社員の男性4人が救助された。4人は聴覚障がいがあり、うち1人がチャットの文面をオペレーターが伝える「電話リレーサービス」を使い、救援要請した。4人にケガはなかった。
電話リレーサービスは、主に聴覚障がい者に向けて提供される。LINE(ライン)などの通信アプリで投稿した文章を、事業者が指定の連絡先に伝え、連絡先からの返答を文字にして利用者に返信する。手持ちのスマートフォンやタブレットなどにアプリを取り込み、事前登録する必要がある。テレビ電話を使い、手話でメッセージを伝える場合もある。
衣浦海上保安署によると、プレジャーボートは3日午後5時半ごろ、不具合でエンジンが停止。その後、転覆したとみられる。
午後7時15分ごろに、4人のうち1人が「エンジントラブルでボートが止まってしまい、救助を求めている」とオペレーターに連絡した。
通報を受け、巡視船が約4時間後に救助した。この日は聴覚障がい者グループ14人がボート1台、水上バイク4台に分乗。ボートだけが予定の時間に帰らず、先に帰ったメンバーも捜していた。
====
電話リレーサービスの受付時間内(8~21時)で良かったものの、
全国でも6ヶ所しか実施されてないのが現状。
いまだに24時間で対応されてなく、公的な整備も進んでおらず、
「手話はいのち」のように、ろう者の命にかかわる環境の整備が急務ではないかと思う…。

« 全日ろう連評議員会 | トップページ | 電話リレーサービスが救助に大きく貢献 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全日ろう連評議員会 | トップページ | 電話リレーサービスが救助に大きく貢献 »