2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 手話体験講座『みんなでやってみようっ!手話』 | トップページ | 通常総会・諮問委員会 »

2017-01-24

バリアフリー文楽、伊勢神宮に奉納 3月、日本初

1月21日付け中日新聞より。
 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に指定されている人形芝居「文楽」が三月十一~十四日、伊勢市の伊勢神宮外宮で上演される。障害者が楽しめるよう工夫された日本初の「バリアフリー文楽」。人形遣いの桐竹勘十郎さん(63)ら大阪を拠点とするプロが出演する。
 財団法人「日本財団」(東京)が二〇一五年に始めた「にっぽん文楽プロジェクト」の一環。世界に誇る古典芸能を鑑賞してもらおうと、組み立て舞台を運び込み、東京の六本木ヒルズや大阪の難波宮で上演してきた。伊勢は第四弾で、中部地方では初めて。
 演目は、五穀豊穣などを祝う人形の舞を見せる「二人三番叟(さんばそう)」と、逃亡する源義経や忠臣の佐藤忠信に化けたキツネが登場する「義経千本桜 道行初音旅(みちゆきはつねのたび)」の二つ。
 公演の発表会見が十七日、伊勢市役所であった。総合プロデューサーを務める横浜能楽堂館長の中村雅之さん(57)=中日新聞夕刊で「歌い踊る切手」を連載中=は「日本文化の原点とも言える伊勢での上演は、伝統の継承という点でも意義深い」と話した。
 バリアフリー文楽の取り組みでは、耳の聞こえない聴覚障害者には解説文を読める機器を、目の見えない視覚障害者には音声ガイド機器を貸し出す。横浜で「バリアフリー能」に取り組む中村さんは「出入り自由なので知的障害や精神障害のある方も来てほしい」と話している。
 神宮への奉納舞台のため鑑賞は無料。事前の申し込みが必要。十一、十二の両日は午後一時と四時半から、十三、十四の両日は午後一時と六時半からの計八回を予定。(問)にっぽん文楽プロジェクト=03(6233)8948
 (大島康介)
====
にっぽん文楽in伊勢神宮
聴覚障がい者向けバリアフリーのサポートは、
上演時字幕配信(タブレット端末使用。事前予約制)となっている。

« 手話体験講座『みんなでやってみようっ!手話』 | トップページ | 通常総会・諮問委員会 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 手話体験講座『みんなでやってみようっ!手話』 | トップページ | 通常総会・諮問委員会 »