2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 知事定例会見に手話通訳 | トップページ | 手話通訳技能認定試験合格発表 »

2017-01-30

手話言語条例 73自治体で成立 全国で制定広がる

画像ととも今日付け毎日新聞より引用

http://mainichi.jp/articles/20170130/k00/00m/010/136000c

 

手話を「言語」として普及させるための「手話言語条例」を制定する動きが広がっている。全日本ろうあ連盟(本部・東京)のまとめ(20日現在)では9県56市8町の73自治体で成立し、大阪府など19自治体が準備を進めている。制定を機に医療機関や観光案内で手話を取り入れるなど、独自の取り組みを始める自治体も出てきた。【牧野宏美】

 初の条例は2013年に鳥取県で制定された。同年に2自治体▽14年8自治体▽15年22自治体▽16年41自治体--と広がった。

 内容は自治体によって異なるが、大半は手話の普及で聴覚障害者とそれ以外の住民が互いを尊重し共生することが目的とうたう。手話を学ぶ機会の確保や手話通訳者の派遣、相談拠点の支援などを定め、事業者にも雇用環境整備などを求める。

 鳥取県は14年から全国の高校・特別支援学校を対象にした「手話パフォーマンス甲子園」を毎年開催。手話によるダンスや演劇、コントなどで表現力を競う大会で、昨年は61チームが参加した。過半数が聴覚障害者以外のチームで、練習を機にろう学校との交流を始めた高校もある。担当者は「手話が使えるようになって楽しいとか、将来は福祉系の仕事に就きたいといった感想が寄せられている」と手応えを語る。

 福島県郡山市では東日本大震災で罹災(りさい)証明などの手続きの際、手話通訳の必要性を市職員が実感したという。15年にできた条例は、医療機関が手話を使いやすい環境を整備するよう規定。市は医療関係者らを対象にした手話講座を開催し、現場では風邪の症状を尋ねるなど簡単な手話が導入されている。

 京都市は昨年3月制定の条例で、手話が必要な観光客らに「もてなしの心」でサービスをするよう定めた。寺社やホテル、観光案内所のスタッフらに手話の研修も実施した。

 「手話言語法」の制定を求めている全日本ろうあ連盟の久松三二(みつじ)事務局長は「当事者や市民の声を取り入れて、各地で特徴のある条例ができている。想定以上に広がっており、多様な言語文化を認める地域がさらに広がれば」と期待する。

 手話は明治時代が起源とされるが、ろう学校では1933年ごろから読唇と発声訓練による口話法が広まり、「日本語が身につかない」との理由で手話は事実上禁止された。2006年に国連障害者権利条約(日本は14年に批准)で非音声言語も「言語」と明記され、11年の改正障害者基本法で手話が言語に含まれると規定された。

Http___mainichi001

« 知事定例会見に手話通訳 | トップページ | 手話通訳技能認定試験合格発表 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 知事定例会見に手話通訳 | トップページ | 手話通訳技能認定試験合格発表 »