2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 障害者週間 | トップページ | 福祉フォーラム »

2015-12-01

沖縄から(今日2通目)

今日12月1日付け琉球新報より

意思疎通の権利を尊重 県手話条例、議員提案
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-180673.html#prettyPhoto
 県議会で議員提案の「手話言語条例(仮称)」制定を目指す検討委員会
(委員長・呉屋宏県議)の条例のたたき台(素案)が30日判明した。
 たたき台は、手話を言語と認識し、手話が使いやすい環境を整備し、
聴覚障がい者の意思疎通の権利の尊重を基本理念に位置付けた。
 さらに県民に手話を学ぶ機会の確保や、聴覚障がい者が通う学校に
手話教育の環境整備を求めることも盛り込んだ。
 ただ当事者団体からは具体的活動の明記を求める声も上がった。
 
 たたき台の前文は、沖縄戦や米国統治、日本復帰などの歴史の中で
「手話を使うことが制約されてきた」と指摘した。
 その上で、手話を言語とする障害者基本法の理念も踏まえて
「県民に広くろう者と手話への理解を広め、互いに理解し共生する社会を目指す」
としている。
 検討委は30日、難聴の当事者団体や聴覚障がい児を持つ親でつくる関係団体らと
意見交換した。
 団体からは「手話以外にも要約筆記など耳に障がいがある人が使う言語はあるが、
条例で触れられていない」「具体的に誰がどのような活動をしていくのか明記すべきだ」
などの意見が上がった。
 検討委は来年の2月定例会に議員提案したい考えだが、
委員会と団体との意見の相違が出たことで
「2月の制定にこだわらず中身をあらためて議論してほしい」との意見も出た。
 たたき台は、全日本ろうあ連盟が提示する「県のモデル案」や、
既に制定した鳥取と神奈川、群馬の条例を参考に作成された。

883c8c1d63883441e1d6cc0c92538f83_2

« 障害者週間 | トップページ | 福祉フォーラム »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 障害者週間 | トップページ | 福祉フォーラム »