2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月に作成された記事

2015-10-30

出版物対策研究会議・全国専従職員研修会

 
昨日から明日ので新潟県内で開催、
当協会から事務局長が参加しているscissors
また全日ろう連の倉野理事も含めて
22県から46名が参加されている。
写真は大阪の清田廣さんによる講演で、
テーマは「半世紀のろうあ運動を通して
~組織強化や事業立ち上げの必要性etc~」。

20151030172050

2015-10-29

全国手話研修センター後援会

 
このほど後援会から連絡があった。
最新ニュースなどは下記サイトにて。
全国の入会状況では2881名とあり、
まだ目標の1/3と厳しい状況、
三重は目標190名に対し、22名と少ない。
皆さんぜひぜひご入会をよろしくお願いしますね。
====
来月からはもう紅葉シーズンで、
京都はどこでも激混みになるでしょうcoldsweats01

2015-10-28

マイナンバー制度

 
いま話題になっているが、
このほど聴覚障がい者用のパンフレットが
内閣府ホームページに公開された。
政府広報オンラインの字幕入り動画も11分40秒で公開中。
「マイナンバー 社会保障・税番号制度が始まります」<個人向け編>
内閣府コールセンター(聴覚障害者専用FAX)。
03-3505-3852
堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センター作成の
マイナンバー制度を手話で紹介する動画pc

2015-10-27

回想

「道路交通法第88条」
「民法第11条」
「民法第969条」
いずれも改正運動を通じて経験された、
故 野沢克哉さんの1000字提言に共感した覚えがあり、
ググったらあったので、ここに紹介させていただくね。
月刊「ノーマライゼーション 障害者の福祉」2001年6月号より引用
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n239/n239_03-01.html

「壁を拓く、社会を開く」という手話DVDもなかなかだ。
 (聴覚障害者支援センターに直接お問い合わせください)
三重へ講演に来てみえたときに酌み交わしたことを懐かしく思う。合掌think

2015-10-26

補聴器条件者の第二種免許取得についてのパブコメ募集

今年中に道路交通法施行規則の改正、
来年4月1日から補聴器条件で普通免許を取得できる者に
第二種免許の交付が開始される見込みであり、
10月23日(金)~11月21日(土)パブコメを募集している。
「道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令案」に対する意見の募集について
====
あの運転免許裁判で有名な岩手県の樋下光夫さんが10月21日に逝去。
関連記事(NHK「ろうを生きる 難聴を生きる」から引用)
また、遺言差別の撒廃を目指して尽力された野沢克哉さんも逝去されたと今朝知り、
歴史の証人が相次いで亡くなられたことは残念であり、
心からご冥福をお祈り申し上げますthink

2015-10-23

単発事業

 
来たる12月5日(土)当協会事務局近くの
県教育文化会館において行なう。
皆さんご存じのサーフィンショップ店長さん出演の映画であり、
過去に四日市市、津市、聾学校でも上映された。
今回は今村彩子監督の講演も付いており、
絶好の機会にぜひお申し込みくださいねrun
「1205.pdf」をダウンロード

1205

2015-10-22

差別解消法と同じく来年4月に施行(予定)

①日本経済新聞より引用

「聴覚障害者、補聴器使用でもバスなど免許容認へ 警察庁方針」
 ↓
 警察庁は22日、補聴器を使用する聴覚障害者に、
バスやタクシーを運転できる第2種免許の取得を認める
道路交通法施行規則の改正案をまとめた。
 補聴器を着けて一定の聴力があることを条件とする。
 一般からの意見公募を経て来年4月に施行する予定。
 
 現行制度は補聴器を使わずに「10メートルの距離で90デシベルの
警音器(クラクション)の音が聞こえる」ことを条件に、
客を乗せたバスやタクシーの運転免許取得を認めている。
改正案では、補聴器を着けて聞こえれば、条件を満たしたこととする。
 
 聴覚障害者の運転免許を巡っては、これまでも取得基準が緩和されてきた。
 2008年6月の道交法施行規則改正で、
クラクションの音が聞こえない重度の聴覚障害者について、
視野の広い大型バックミラーを備えることなどを条件に
普通乗用車の免許取得を認めた。
 12年4月の施行規則改正では、オートバイやミニバイクは無条件で
免許を取得できるようになった。
 
 今回の改正で、聴覚障害者はすべての種類の免許取得が可能になる。
 
 全日本ろうあ連盟の松本正志理事は
「聴覚障害者の職域拡大に向けて大きな一歩を踏み出せた」と改正案を評価。
 「国民に理解してもらうための啓発活動を、国や関係団体と連携して進めて
いきたい」としている。
 
②毎日新聞夕刊より

201510221612_0001

2015-10-21

早くも2ヶ月…

全通研サマーフォーラムが開幕して早くも2ヶ月。
暑かった夏はもう去ってしまい、今は朝晩がヒンヤリ。
皆さんお元気でしょうが、要員慰労会の出欠返事をお忘れなく!!
一方、実行委員会では、近いうちに実行委員会を開き、締めくくる予定。
開催地の鈴鹿ですが、やっと来月から手話奉仕員養成が始まる
coldsweats01

2015-10-20

県議会が検討会

今日の各社朝刊に掲載されたので、紹介するね。
当協会が随時県議会と連絡を取り合っているので、
今後の動向を見守ってかかわっていきたいwink

三重県議会ホームページ(昨日の協議事項)
http://www.pref.mie.lg.jp/KENGIKAI/oshirase/nittei/made/2015/H27daihyou.htm#1019dai

詳細については、11月号にて。

①伊勢新聞

Ise

②中日新聞

Chu

③毎日新聞
http://mainichi.jp/area/mie/news/20151020ddlk24010049000c.html

Mai

2015-10-19

手話検定、無事に終了

 
10月17日(土)支援センターにて
準1級と1級を実施した。
 
     申込 欠席 受験
-----------
準1級 13   1  12
1級   11   0  11
 
余談ですが、
窓を開けたら運動会の歓声が聞こえることから
覗いて見たら近くの小学校で行なわれており、
飾られている万国旗が懐かしくなった(下写真)。
国旗いくつわかるかなぁ~。
昨日の18日は昨年の10.18名古屋デモと同じく、
とっても暑かったねcoldsweats01

1017

2015-10-17

情報アクセシビリティー・フォーラム2015

ご存じのとおり今年末に2年ぶりの開催となり、
日本障害フォーラム幹事会議長の藤井克徳さんおよび
全日ろう連の石野理事長から
皆さんへのメッセージ動画がアップされた。
http://www.jfd.or.jp/iaf/news
ぜひぜひ行きましょーhappy01

2015-10-15

役員改選

プロスポーツ選手の契約更改や移籍の動きなど
話題になる「ストーブリーグ」ですが、
ろう運動と言えば(おそらく…)「役員改選」ですねbleah
いま判明している改選日は次のとおり。
 
・地域ろう協
いなべ 11/15
桑名 12/13
四日市 11/28
鈴鹿 12/6
津 10/25
松阪 11/28
伊勢 11/1
伊賀 11/1
名張 確認中
紀南 行わず(留任)
 
・三聴障協専門部
青年部  12月初旬
女性部  11/15
体育部  12月中旬
高齢部  確認中

2015-10-14

障害者差別解消法にかかるパブコメ その3(終)

 
障害者差別解消法にかかる指針案・対応要領案に対する
パブリックコメントを集約したうえ提出したdelicious
 
全日ろう連サイト
 

「4144.pdf」をダウンロード

41 環境省(対応指針)
42 公害等調整委員会(対応要領)
43 総務省(対応指針)
44 消費者庁(対応要領)

2015-10-13

全国手話検定試験

 
10月10~11日(土~日)鈴鹿市内で
下記級の試験を行なった。
 ※写真は5級の手話での読み取り。
なお、今週末に津市内で準1級と1級も行なうhappy01
 
   申込 欠席 受験
----------
5級 29   4  25
4級 25   2  23
3級 40   1  39
2級 24   1  23

Dsc_0803

2015-10-09

障害者差別解消法にかかるパブコメ その2

障害者差別解消法にかかる指針案・対応要領案に対する
パブリックコメントを集約したうえ提出したwink
 
全日ろう連サイト
21 法務省(所管事業(債権管理回収業・認証紛争解決事業)分野における対応指針)
22 法務省(民事局所管事業分野における対応指針)
23 厚生労働省(対応要領)
24 中央労働委員会事務局(対応要領)
25 内閣法制局(対応要領)
26 外務省(対応指針)
27 外務省(対応要領)
28 財務省(対応要領)
29 財務省(対応指針)
30 消防庁(対応要領)

「3140.pdf」をダウンロード
31 復興庁(対応指針)
32 消費者庁(対応指針)
33 総務省(対応要領)
34 農林水産省(対応指針)
35 特定個人情報保護委員会(対応要領)
36 原子力規制委員会(対応要領)
37 農林水産省、林野庁、水産庁(対応要領)
38 国税庁(対応要領)
39 厚生労働省(医療事業者向けの対応指針)
40 公害等調整委員会(対応要領)
 ※ 残りの41~44は、週明けにアップする予定。

2015-10-08

伊勢市手話言語条例案を可決

昨日のビッグニュースが今日の各社朝刊に!!
おめでとうございますhappy01

①今日の中日新聞+プラス
http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?index_flg=1&comment_id=309159&comment_sub_id=0&category_id=132
 ↓
手話を使いやすい環境づくりなどを定めた
伊勢市手話言語条例の制定が
七日の市議会九月定例会で、全会一致で可決された。
このような条例制定は、県内では松阪市に続き二例目。
市内の聴覚障害者ら五十人余が本会議を傍聴し、
可決の瞬間を見届けた。                         

②今日の毎日新聞
http://mainichi.jp/area/mie/news/20151008ddlk24010070000c.html
 ↓
伊勢市議会は7日、手話を対等な言語として普及を図る「手話言語条例」を可決した。
同条例は松阪市が県内で初めて2014年に制定している。
伊勢市の条例では、手話を必要とする人の自立した日常生活や
社会参加を保障するため、市が必要な施策を講ずることなどを定めた。
市は今後、手話通訳者の配置拡充などを進める。

③今日の讀賣新聞より
 ↓
 伊勢市議会は7日、手話を言語として位置づけ、
普及を図る「市手話言語条例案」を全会一致で可決した。
来年4月1日から施行される。
県内の自治体では松阪市に次いで2例目となる。
 昨年1月に日本が障害者権利条約を批准したことを受け、
市聴覚障害者福祉協会を中心とするグループが
同年11月に条例の市民案を市に提案。
市は関係者との意見交換を重ね、
市議会9月定例会に条例案を提出していた。
 条例では、手話による意思疎通を図る権利を
最大限尊重することを基本理念とし、
市に必要な施策を講じること、
市民には手話を使用しやすい環境づくりに努めることを求めている。
 この日は、同協会の会員ら約50人が議会を傍聴。
仲西正克会長(58)は
「やっと願いがかなえられた。
条例の制定で手話の普及はもちろん、
聴覚障害者の社会参加の壁が取り払われることを願いたい」と語った。
 市内で聴覚の障害者手帳を取得している人は、今年3月末で636人。
市は「まずは聴覚障害者の皆さんが何に困っているのかを、
市民に知ってもらうことから始めたい」としている。
 
④今日の伊勢新聞より
http://www.isenp.co.jp/news/20151008/news06.htm
 ↓
 聴覚障害者が暮らしやすい社会を目指そうと、
伊勢市議会は七日、手話を言語と定め、
その理解や普及を促進する「手話言語条例」案を可決した。
 同様の条例が可決されたのは県内で二例目。
 来年四月一日に施行される。
 
 市は条例案可決を受け、手話通訳者の育成や、
手話をテーマにした講演会の開催などに努める。
 聴覚障害のある観光客にも配慮し、
手話ができる観光案内人の養成も目指すという。
 
 この日、本会議場には市聴覚障害者福祉協会の会員ら
約五十人が詰め掛け、採決を見守った。
 採決後、会員らは市役所前で長さ六メートルの横断幕を掲げ、
条例案可決を祝った。
 
 同会の仲西正克会長(58)は議案可決後の取材に
「ろうあ者は、(健常者との間に)意思疎通の壁があり、
長年社会参加を阻まれていたが、今日その壁が取り払われた」と
喜びをあらわにし、
「高齢ろうあ者への介護支援のほか、聴覚障害のある子を持つ親が、
子育て相談ができる場所などを整備してほしい」と手話で語った。
 
 市によると、市内には聴覚障害者用の身体障害者手帳を持つ人が
平成二十六年度末で六百三十六人おり、うち三十九人が協会に加盟している。
1008  

2015-10-07

手話言語条例

 
少し遅くなったが、
10月3日付け琉球新報に掲載されたので、
ここに紹介しておくね。
全国的に広まっていますね。
「1007.pdf」をダウンロード

1007


2015-10-06

手話動画

最近の支援センターHPは熱いぞ!!(笑)
手話漫才(?)での宣伝、なかなかですねぇ~。
こんな感じでまた新作の動画をどんどん増やしてくれるといいですね。
見てアハハ笑って終わるじゃなくて、お申し込みもよろしくねdelicious

1006_3

2015-10-05

東海通研

たいへん遅くなったが、去る9月27日(日)岐阜県内で開催された。
全県で142名の参加があり、三重ろう者は3名と少なくて
三重のろう者が少しでも多く参加して欲しく思った。
来年は静岡県で開催予定している。
前日の東海大学習会ととも10月号に詳報、お楽しみにhappy01

2015-10-02

制定の機は熟した

今日付け産経新聞に
「制定の機は熟した」
こんなタイトルで記事が載っている(下記画像)。
タイトルはインパクトがあり、なかなかよいことが書いているね。
産経ニュース
 ※全部で4枚あるので、最後まで読んでくださいね。
====
と言えば、あの10.18名古屋デモからもうすぐ1年…。
雲1つもない青空の下、オレンジに染めて歩く姿は圧巻だなlovely

1002_2

2015-10-01

マイナンバー制度

今日から下半期、早いですね。
そろそろ標記の通知カードが届きそうですが、
届いたら申請が必要になるため、
情報不足で混乱するのではないかと
支援センターが下記のとおり教養講座を開催する。
 
と き 11月4日(水)午後から
ところ 支援センター
定員は30名、参加費は無料happy01
http://www.deaf-mie-center.com/

114

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »