2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

2019/06/19

避難の心得

昨晩、山形県沖を震源とする

最大震度強の地震が発生したことから

日本気象協会のウェブサイトを紹介したい。

 

地震編

https://tokusuru-bosai.jp/refuge/refuge01.html

地震編 地震が起きたら

https://tokusuru-bosai.jp/refuge/refuge-ej01.html

津波編

https://tokusuru-bosai.jp/refuge/refuge04.html

====

今年も全国ろうあ者大会が終わった矢先に起こった地震、
今回は夜だったので、
とっても怖かった。

緊急速報が鳴りっぱなしでフラッシュバック状態。

など東北、北信越の友だちからの近況報告に心が痛みます。
被災された方々には心からお見舞い申し上げます。
また昨晩11時すぎのNHKニュース(菅官房長官の緊急会見)に
手話通訳が付いたことは良かったです。

 

 

2019/06/18

私も買いました!!

「手話でGo!Go!合理的配慮」
このほど開催された全国ろうあ者大会で発行したばかり。
今夜の会議で買った、全日ろう連のほやほや新刊。
障害者差別解消法で合理的配慮が義務になった行政の12の場面を、
聴覚障害者への「差別」や「合理的配慮」をイラスト入りで解説されている。
「ゆびもじえほん」
これは昨年の秋に全通研が発行したもの。
ほのぼのとした内容で、手話の読み聞かせにピッタリの1冊。
====
皆さんもぜひご検討くださいね。
_20190618_212506

2019/06/17

県通研

7月7日に桑名市で開催する県通研について、
このほど締め切ったところ、

87名(ろう者33・聞こえる人54)の

申し込みがあったと実行委員会から連絡があった。

分科会の内訳では、次のとおり。

 サークル26名(ろう者13、聞こえる人13)

 制度26名(ろう者6、聞こえる人20)

 防災35名(ろう者14、聞こえる人21)

実行委員会の協議によると、

もうひと頑張りしたいということになり、

締切を6月30日(日)に延長したことから

口コミ・手話コミをお願いしますね。

 ※託児はありません。

 

 

2019/06/14

全日ろう連評議員会

今日と明日の午前中、三重から4名が評議員会に出席している。
(仙台は晴れているが、三重は雨ですね)
昨日、仙台空港で撮った1枚もおすそわけ(笑)。
そうそう「みみサポ(※後述)」にも立ち寄ったことを
ブログに載ってくれたので、下記に紹介するね。
https://blog.goo.ne.jp/mimisuppomiyagi/e/3929d89a82fa8e38375e0c9fa010763f/?img=a75eafa9b99a392ac502826f2cea2011
何年か前に津で講演してくださった庄子さんが書いたそう。
確か全通研研究誌の表紙に載った人です(^^)。

みみサボ
(宮城県聴覚障害者情報センターの愛称)
http://www.mimisuppo-miyagi.org/

20190614111634
20190614111712

2019/06/13

新刊ふたつ

明日から宮城県仙台市で開催される
全国ろうあ者大会においても販売するそう。
どちらもいい本ですね。

手話でGO!GO!合理的配慮
http://jfd.shop-pro.jp/?pid=143615253
手話言語白書
http://jfd.shop-pro.jp/?pid=143615263
====
購入希望者は当協会事務局までお願いします。
143615253 143615263

2019/06/12

人工内耳手術1万件突破 学会が難聴対策議連に初公表

6月10日、福祉新聞に載ったので、引用したい。

http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/22337

「人工内耳手術1万件突破 学会が難聴対策議連に初公表」

 両耳が重度の難聴の人に、聞こえを取り戻すために行われる人工内耳手術。その日本国内での手術件数が、2017年までに1万件を超えたことが分かった。高橋晴雄・日本耳鼻咽喉科学会副理事長が5月28日、自民党の「難聴対策推進議員連盟」(石原伸晃会長)で明らかにした。 

 出席者からは「初めて見た。これまでメーカーに尋ねても非公開だった」(新谷友良・全日本難聴者・中途失聴者団体連合会理事長)との声が上がった。高橋さんは学会が集計を終えたばかりであり、今後、広く公表するとした。

 議連に示された資料によると、1985年の手術開始時から2017年までの件数の合計は1万778件。両耳の手術は2件とカウントする。19年中には1万2000件を超える見込みという。

 2000年以降は年間100件を突破して増え続け、17年は600件を超えた。しかし、海外と比べると少ない。重度難聴者の人工内耳の比率は18歳未満が30%、成人が2%で、欧米諸国の3分の1程度だ。

 日本国内でも地域差があり、人口100万人当たりの手術件数は全国平均7・9件で、最も多い中国地方は10・3件。最も少ない北海道は5・0件だ。

 4歳までに手術を受けた事例を年齢別でみると、最も効果が高いとされる「0歳」は2・3%。「0歳」が2~3割を占めるオランダやドイツと比べて少ない。高橋さんは「日本で小児に手術を始めたのは06年から。まだ歴史が浅い」と話した。

 それもあって、日本では手術件数や手術時の年齢など、実態が把握しきれていなかった。難聴だと判明した新生児の親が、療育の情報を短期間で集め、療育方針を決断するのは容易ではない。

 また、人工内耳手術をしても完全に聞こえるようにはならない半面、手術後も環境の変化に合わせた息の長い支援が必要となる。そうした支援体制づくりが課題になる。

 議連はこうした課題に対し、先進的なサポート体制をつくり上げた自治体の例から学ぶため、長野県、静岡県の関係者を招いて説明を受けた。

 続いて、長野県内の病院で生後1歳半のときに人工内耳手術を受けた男子中学生(13)が、「季節の音を感じてみんなと共感できることがうれしい。多くの人に人工内耳を知ってほしい」と語った。

 同席した母親は12年前を振り返り「人工内耳に対しては、『親のエゴだ』といった批判が多かった。私は自分が音声言語で育ったように子どもも育てたいとの思いが強かった」と話した。

 一方、人工内耳手術のしやすい環境を整えることだけでなく、手話という言語(障害者権利条約に規定)の獲得を望む声も根強い。

 6月4日の同議連総会では、全日本ろうあ連盟が意見を表明。久松三二・常任理事・事務局長は音声言語を獲得する上で人工内耳には効果があると認めつつ、「手話を否定する医師がいるのが悲しい」と話した。

 また、「音声言語か手話言語かという議論はもう止めにしたい。どちらも与え、本人が成長してからどのようなコミュニケーション方法を望むか選択させるべきだ」と強調した。

 同議連は、特に新生児の難聴対策が緊急性を要すると判断。難聴児の保護者に十分な情報を提供できる体制をつくるよう、近く政府に申し入れる方針だ。

【ことば】 

 人工内耳=音声を電気信号に変換し、電極を通じて脳の言語中枢に伝えて聴覚を補助する器具。手術が必要。空気の振動で伝える補聴器とは異なる。人工内耳の効果には個人差があり、手術後も定期的な通院が必要となる。

====

久松事務局長のご英断は素晴らしい!!
三重においても見守りたいですね。

 

 

2019/06/11

マンガ「HELLO むこうの私ー手で心をつないでー」

京都府向日市が2年前の3月3日(耳の日ですね)に
手話言語条例を施行したことを機に
パンフレットの作成・配布、手話動画の配信など取り組まれており、
昨年度は漫画も制作、市内の各学校(小4~高3)、関係機関等に配布したそう。
「ろう者」「難聴者」「手話通訳者」の3章で構成しているので、けっこう楽しめる。
https://www.city.muko.kyoto.jp/kurashi/kenko_hoken/fukushi/1558346469079.html
====
「要約筆記者」編がないのは少し気になるが、
「この手話(ゆび)とまれ~全通研ガイドブック~」の漫画と似ているなあと思い、
調べるとやっぱり同一人物でした(笑)。

Photo_9

2019/06/10

三重デフバレー、ついに男子が優勝!!

6月8日(土)静岡県掛川市で開催された東海体育大会の
バレーボール競技において、男子チームが優勝した。
平成8年度の第7回大会(於 四日市市)以来2度目。
一方、女子チームはトーナメント初戦でフルセットの末おしくも敗退。
来たる6月16日(日)の全国障害者スポーツ大会北信越・東海地区予選
(於 岐阜県山県市)に出場するので、皆さんの応援をよろしく!!
_20190610_205626thumb1

2019/06/07

申込締切間近!!くわな県通研

梅雨に入りましたね。

1年に一度、三重の仲間が集い、

手話や手話通訳に関する課題などについて

話しあう大切な場、それが〝県通研〟。

今年は桑名市で開催!

ぜひ、地域の仲間とご参加ください!

====

今年は奇しくも七夕の日。

織姫と彦星のように、年に1度だけのイベント。

聞こえる人たちとの討論は意義があります!!
ダウンロード - 20190707.pdf

 

2019/06/06

全日ろう連青年部発足50周年記念大会

来たる8月11日(日)名古屋市で開催の

標記の記念大会については、
5月末日をもって締め切ったが、

定員に余裕があるため、

申込締切を6月16日(日)に延長したそう。

http://jfdys.net/?p=3304

また、全国ろうあ者大会においても、

全日ろう連青年部ブースにて申込受付を行うとのこと。

 

 

2019/06/05

災害時視聴覚障害者支援リーダー養成講座

大阪府堺市にあるビッグアイでは、
毎年、災害時の要配慮者支援人材育成事業として、
防災・減災講座が開催されている。
皆さんに関係がありそうな講座は、
講座2の災害時視聴覚障害者支援リーダー養成講座であり、
8月1日(木)に行われる。
詳細については、下記URLにて。
https://www.big-i.jp/contents/event/detail.php?eid=00778&EventCalender=2

2019/06/04

クラウドファンディング

昨日のゲキサカ記事を紹介しますね。
「男女のデフフットサル日本代表がW杯渡航費捻出のため、
 2000万円集金プロジェクトを開始」
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?276194-276194-fl
難聴の人がプレーするデフフットサルワールドカップ(W杯)が11月にスイスで開幕する。
日本代表は男女とも出場し、日本のフットボール界初のアベック世界一を目指しているが、
大舞台を5か月後に控え、5月31日~7月31日まで2000万円を集める
クラウドファンディングを開始した。
====
それはいい取り組みですね。
昔はカンパ運動、募金箱(袋)を持ち歩いたなぁ。
応援しましょう!!サムライ・デフジャパン(笑)。

2019/06/03

サマフォなら

開催要項(案内書)、お手元に届きましたか?
サマーフォーラムまであと2ヶ月半ほど、
実行委員会の各部紹介動画がHPに掲載されたそう。
https://narafo.net/
元気印いっぱいですねぇ。
皆さんと一緒に行きましょう♪
鹿ちゃんに早く会いたい!!
_20190604_110849

2019/05/31

フォーラム「地域共生社会と自治体手話通訳者のしごと」

7月26日(金)13時30分~16時30分、
全国手話研修センターにおいて、全通研主催により、
自治体が手話通訳のできる職員を採用し、
市民サービスの向上に取り組む重要性を学び、
社会に発信することを目的にフォーラムが開催される。
対象者は聴覚障害者関連施策を担当する自治体職員、
自治体における手話通訳者の業務内容に関心のある人とあるが、
聴覚障害者の方も参加できる。
https://www.zentsuken.net/events/20190726_forum.pdf
希望者は7月19日(金)までに直接全通研本部にお願いします。

 

2019/05/30

障害者スポーツ拠点の体育館完成

NHK NEWS WEB 05月30日19時08分より引用
https://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/20190530/3080001771.html
障害者スポーツの推進につなげようと、随所にバリアフリーの設備を備えた障害者向けの体育館が岐阜市に完成し、30日、記念の式典などが行われました。
完成したのは、県が総工費12億5千万円をかけて建設した障害者向けの体育館「岐阜県福祉友愛アリーナ」です。
30日は、障害者スポーツの「ゴールボール」と「車いすバスケットボール」の実演が行われた後、関係者がテープカットをして完成を祝いました。
体育館は、延べ床面積がおよそ2900平方メートルで、▼館内に段差がなく通路には手すりが設けられているほか、目や耳が不自由な人のために、▼点字を用いた案内板や、▼お知らせの文字を流したり災害の際に文字で避難を呼びかけたりできるモニターが設置されています。
体育館は6月1日から運用が始まり、「車いすバスケットボール」や「ボッチャ」などの公式会場としても活用出来るということです。
式典に参加した「パラアーチェリー」の篠田泰邦選手は「このような環境が整備され感謝している。体育館を活用して技術を磨きたい」と話していました。
岐阜県・障害福祉課の関谷英治課長は「障害者に安心して利用できる環境を用意するとともに、障害者スポーツの競技力向上にもつなげたい」と話していました。
====
三重県にもあったらいいですね。
東京にもパラアリーナがあるが、常設ではなく2021年度末までの限定施設。

2019/05/29

裁判傍聴、障害者に配慮を 最高裁にガイドライン要望

今日付け日本経済新聞を紹介しますね。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45403600Z20C19A5CR0000/
上記URLからの引用文は下記。
====
障害がある人が裁判を傍聴する際に必要な手話通訳の配置や介助者の同伴などを巡り、裁判所側の配慮が不十分なケースがあるとして、障害者団体「DPI日本会議」は29日までに、最高裁に統一的なガイドラインを作るよう要望した。「合理的配慮への理解は浸透しつつあるが、裁判官によって判断に差がある」としている。

最高裁の担当者は取材に対し「慎重な検討を要するが、要望内容を今後の取り組みの参考にさせてほしい」と述べた。

要望書は(1)車いすのまま傍聴できるスペースを確保する(2)傍聴席の抽選では介助者を含めず、同伴を認める(3)法廷でのたん吸引や服薬を認める(4)必要に応じて手話通訳や要約筆記者を配置し、聴覚障害者が見やすい席を用意する――などの対応を求めている。

障害者差別解消法の施行を受け、最高裁の裁判官会議は2016年、障害がある人から申し出があった場合、負担が過重にならない範囲で合理的な配慮をしなければならないとの対応要領を議決した。ただ、細かなルールまでは定めていない。

一方、積極的な配慮に乗り出したケースもある。旧優生保護法下の不妊手術を巡る国家賠償請求訴訟では、弁護団などの要望を受け、札幌や大阪の各地裁は車いすスペースを確保し、手話通訳を配置した。DPI日本会議の佐藤聡事務局長は「配慮が認められたり、認められなかったりするのは傍聴する側にとって不平等だ。対応要領の内容をさらに進化させてほしい」と話した。〔共同〕
====
共生社会の実現に向けて改善されるといいですね。

2019/05/28

迫り来る雨水…豪雨災害の時、聴覚障害者は?【岡山発】

5月26日(日)18時のFNN PRIMEより引用。
https://www.fnn.jp/posts/00045807HDK/201905311511_OHK_HDK
昨年7月に発生した西日本豪雨の特集であり、
そのとき、聴覚障害者は…?
行政の対応は?
という2つの構成にわかれて説明されている。
文末に8分ほどのYouTubeが載ってあり、
キャスターがなんと手話を交えて解説、ありがたいね。
Photo_8

2019/05/27

手話スタンプ

今度は全通研さんも販売が始まった。
https://store.line.me/stickershop/product/7703870/ja?from=sticker
N-Actionまであり、よくやりますねぇ。
これで若い会員が増えるでしょうね。
最後の動物は誰だろう(笑)。
====
できるカモん(当協会のマスコットキャラクター)も
スタンプできるといいなぁ。
Photo_7

2019/05/24

電話認証

東京オリンピックのチケット抽選申込における電話認証、
ろう者の間では、にわか話題になっている。
去る5月17日に全日ろう連が緊急要望(下記URL)を行ったところ、
https://www.jfd.or.jp/2019/05/17/pid19150
1週間後の今日、オリンピックパラリンピック組織委員会から
(聞こえない方向け)電話番号認証のための手順書が
大会組織員会ウェブサイトの重要なお知らせに掲載された。
https://ticket.tokyo2020.org/Service/NewsDetail?NoticeSeq=17
====
申込期限が近づいているので、お早目にね。

2019/05/23

これで合格!2019全国手話検定試験 DVD付き 第13回全国手話検定試験解説集

第13回全国手話検定試験(2018年実施)の
5級~1級の問題及び解答・解説を収載した解説集が
実技試験問題を収録したDVD付きで、6月3日に発売される。
 編集 社会福祉法人全国手話研修センター
 発行 中央法規出版株式会社
B5判170頁/定価3,200円+税、
購入希望者は当協会事務局まで。
全日ろう連ウェブサイト
http://jfd.shop-pro.jp/?pid=143024872

2019/05/22

視覚・聴覚障害者、57人が裁判員に 参加総数の0.1%

昨日付け毎日新聞を紹介しますね。
毎日新聞2019521 1755(最終更新 521 2148)より引用。https://mainichi.jp/articles/20190521/k00/00m/040/188000c

 制度施行から10年を迎えた裁判員裁判に、少なくとも57人の視覚・聴覚障害者が、裁判員・補充裁判員として加わった。最高裁への取材で明らかになった。裁判所は法廷での手話通訳などの対応を講じているが、障害者も含めた「国民の司法参加」を後押しするため、専門家らはサポート態勢のさらなる充実を訴えている。

 最高裁によると、障害の有無に関わらず、裁判員としての仕事を成し遂げるのに著しい支障がなければ裁判員になることができる。

 障害者が裁判員に選ばれる場合を想定し、裁判所は視覚障害者向けに、ヘルパーによる付き添いや公判に提出された書面の点字翻訳を行っている。聴覚障害者には、法廷での手話通訳や会話を要約して文書にする要約筆記で対応。他にも車椅子や拡大読書器、筆談器、補聴システムなどの貸し出しもしている。裁判員の選任手続きでも同様の対応をしているという。

 201812月末までに判決が言い渡された裁判員裁判で、裁判所が何らかの対応をした視覚障害のある裁判員・補充裁判員は16人で、うち5人は点字翻訳を利用した。聴覚障害のある裁判員・補充裁判員は41人。うち9人は手話通訳、8人は要約筆記のサポートを受け、審理に参加した。

 他の障害などに対応し車椅子の貸し出しなどを受けた45人を含め、計102人が支援を受けて裁判員裁判に参加した。支援を受けずに参加した人もいるとみられるが、参加総数約9万人に占める割合は約01%だった。厚生労働省が18年に公表した調査によると、身体障害者手帳所有者数の推計値は4287000人で、人口の3%程度。難病患者や手帳未所持で何らかの障害がある人を含めるとさらに多いとみられる。

 視覚障害があり、障害者の権利の問題にも取り組む大胡田誠弁護士(第一東京弁護士会)は「適切な配慮がなされず、障害者が制度から取り残されていないかを懸念している。障害者が司法手続きに参加する機会を確保してほしい」と話している。【蒔田備憲】

「専門用語」分かりづらく 手話通訳者の技術にも差
 2017年に東京地裁で裁判員として傷害致死事件を審理した柴田正明さん(47)=山形市=は聴覚障害があり、地裁に手話通訳を要請した。

 法廷では、証人と手話通訳の両方が見やすい席に座った。評議では、裁判長が「発言したい時は手を挙げて、一人一人、ゆっくり話して」と裁判員らに呼び掛けてくれ、不安なく参加できたという。

 ただ、法廷で専門用語が飛び交ったり、尋問のやりとりが早かったりして、通訳内容が分かりづらい場面もあったという。柴田さんは「手話通訳者の技術にも差があった」と振り返る。

 青森地裁で13年に審理された強姦(ごうかん)致傷事件で裁判員を務めた須藤博幸さん(61)=青森市=も手話通訳を受けた。「普段から交流があったり、見慣れたりしている通訳者の表現の方が安心して読み取れる」と語る。

 裁判所は、外国語の法廷通訳には通訳者向けの研修を実施しているが、手話通訳者を対象とした同様の研修制度はないという。聴覚障害のある田門浩弁護士(東京弁護士会)は「質の問題」を指摘し、「海外では研修のほか、法廷専用の通訳資格を設けている国もある。国内でも導入すべきだ」と提言する。【蒔田備憲】
====
なるほど…。
裁判員制度が始まって10年経ったのか。早いですね。

2019/05/21

「電話リレーサービス」を公共インフラに 総務省・厚労省が骨子案

昨日の福祉新聞に掲載されたので、紹介しますね。
http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/22201
 総務省と厚生労働省は5月10日、聴覚障害者の発信する手話や文字を、通訳が音声で聴者に伝える「電話リレーサービス」を公共インフラとする考えを骨子にまとめた。利用者数が約8万人、費用が年間で約40億円かかると見込む。7~8月に方向性を固める。それを踏まえ、工程表を作り実現に向けて動く。
 両省が共催する「デジタル活用共生社会実現会議」(座長=村井純・慶應義塾大教授)のワーキンググループ(酒井善則・東京工業大名誉教授)が同日、骨子案を了承した。
 24時間365日受け付ける体制を目指し、可能なものから段階的に導入する。聴者から聴覚障害者に電話する際も利用できる。利用料金は音声での通話と同じ水準にする。
 現在、電話リレーサービスは日本財団が試行しているほか、厚労省の補助事業により一部の福祉施設が実施している。今後、公共インフラとする場合の実施主体は骨子では明確に定めていない。
 通訳にあたる人材の確保が最大の課題で、手話通訳士らの養成や待遇改善について検討を進めることを確認した。
====
8時から21時までと限られている電話リレーサービスを
公共インフラとして24時間365日の体制を実現したいとあるものの、
オペレーターの身分保障と確保など充実しないとなかなか難しいかな。
でも国がやっと動き出したことから今後の動向を注視しておこう。

2019/05/20

県サ連さん40周年

昨日は津市白山町で福祉大会を開催した。
式典において、知事の挨拶では、
冒頭だけですが、手話で披露され、
パンフレットになかった内容で挨拶いただいた。
津市長もそうでしたが、共感できた。
また「とこまる」は人気者でしたね(中の人は誰でしょう)。
もう1つの主役はコレ、100ページぐらいもあり、重量感たっぷり。
千円以上の寄付金で1冊進呈してくださるそう。
購入希望者は県サ連事務局まで。

_20190520_074536

2019/05/17

第18回世界ろう者会議ツアー

第18回世界ろう者会議ツアー

7月にフランス・パリで世界ろう者会議が開催される。
今回は会議参加をメインにしたツアー(Aコース)と
観光ツアー(Bコース)を企画したが、
Aコースは最小催行人員に達しなかったため、中止に。
引き続き、Bコースも5月20日までに
最小催行人員に達しなかったら中止になるそう。
https://www.jfd.or.jp/2019/04/12/pid19037
====
東京大会は確か第11回、もう28年も経ったね。
皆さんパリへ行ってみませんか?

2019/05/16

東京オリンピック観戦チケット

皆さん申し込みましたかな?

5月9日の受付開始時はアクセス集中のため
混雑してつながりにくかったが、
システムの改善で解消されたとのこと。

でも・・・
ろう者にとってのバリアは「電話認証」。
公式ウェブサイトのQ&Aに下記の内容で掲載されている。

Q.聴覚障がいがあり電話を利用することができない場合はどうすればいいですか?
A.登録手続きの際には電話番号認証は電話を利用しますが、音声を聞いたり会話をする必要はございません。
Web画面に表示されるガイドを確認しながらお手続きをしてください。

つまり画面に表示される指定の電話番号におかけいただき、
認証確認されますと自動的に電話は切れると
画面に「確認完了」と出るので、
完了ボタンを押せば申込手続き完了になるとのこと。
====
これで安心して申し込めますね。
おいおい、視覚障害者などにも合理的配慮をされていますかね?
パソコン、スマホを持ってない方はどうすれば…。
あとでゆっくり公式ウェブサイトを読んでおこう。

2019/05/15

あなたも全通研へ

今日クロネコちゃんが配達してくれたDM便。
いつもの会報、付録チラシのほか、
こんなもんが出てきたので、ちょっとPR(笑)。

_20190515_214721

「聴覚障害者とともに歩む」がキャッチフレーズ(?)のパンフレット。
とっても親近感がありますねぇ。
中身については、最寄りの三重通研運営委員にお尋ねくださいね。
まだ入会されてない聞こえるあなたも入ってみませんか?
福祉大会の三重通研ブースでお待ちしております♪

全通研の公式ウェブサイト
https://www.zentsuken.net/

2019/05/14

全国手話検定試験

今年も鈴鹿市内で標記の試験が開かれる。
詳細は、下記のウェブサイトにて。
http://kentei.com-sagano.com/info/2019siken_nitei/
現在、県下10数ヶ所で手話奉仕員養成講座を開いており、
また三重県手話言語条例が施行されたことから
受験者数は微増傾向である。
皆さんもろう者と手話でどの程度
コミュニケーションができるのかを試してみませんか。
Photo_6

2019/05/13

全日ろう連青年部発足50周年

50年前の昨日も発足されたことから
「発足50周年を迎えて」ムービーが公開された。
http://jfdys.net/?p=3281
「仲間づくり・学習づくり・要求づくり」の3本の柱を軸に、
すべての青年が手をつなぎあい、止まることなく走り続けてきた。
8月に名古屋市において50周年記念大会が開催される。
http://jfdys.net/?p=3257
_20190513_125823

2019/05/10

全通研なら

実行委員会から速報2号が発行された。
https://narafo.net/report/
 記念講演講師決定
 交流会の内容紹介
 開催要項誤記載の訂正(テレビ字幕の可・不可)
が掲載されている。
また、オリジナルグッズは何だろう?と調べたら
「マカロンふせん」がウリですね。
https://narafo.net/goods/
誤って食べてしまいそうな文具ですが、
見るだけでわくわくするね。

Photo_5

2019/05/09

デフリンピック啓発映像が公開! !

このほど全日ろう連スポーツ委員会の
ウェブサイトにおいて公開された。
https://www.jfd.or.jp/sc/deaflympics
デフリンピックについて紹介をしている。
13分ほどあり、後半に手話紹介も出ているが、
音声は全部ないとのこと。
====
認知度アップのためにも拡散してくださいね。
Photo_4

2019/05/08

障がいの有無にかかわらず誰もが共に暮らしやすい三重県づくり条例

三重県において、障がいのある人もない人も
互いに人格と個性を尊重し合いながら
共に暮らせる社会をめざすため、
昨年10月に一部、4月に全面施行された。

県ホームページ
http://www.pref.mie.lg.jp/SHOHO/HP/m0331100005.htm
相談窓口は、県障がい福祉課、県人権教育課のほか、
国、市町にもあり、また聴覚障害者支援センターにもある。
なお、県障がい福祉課では、
障がい者差別解消専門相談員が設置されている。
(たまたまですが、担当者は手話通訳士)

パンフレット
http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000829309.pdf
チラシ
http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000831035.pdf

Photo_3

«吉田沙保里のまるみえ検定