2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みえデフCALENDAR

  • みえデフCALENDAR
    Googleカレンダーでスケジュール管理をされている方は「miedeaf」で検索、ご自身のカレンダーがあれば登録ができます(^^)。

定款

  • 定款
    一般社団法人三重県聴覚障害者協会の定款です。

現在の時間は?

フォト

あなたもいかが? (o|o)より

手話サークルに対する指針(三重版)

  • 手話サークルに対する指針
    全通研三重支部さん(2011年度~三重県手話通訳問題研究会に改称)・県サ連さんと協議を重ね、また当協会理事会および評議員会の審議後、県サ連総会で発表・制定しました。

2018-11-14

国会中継の字幕放送実現に感謝

10月24日付けでブログに知らせたように
この日に開会された臨時国会より
国会中継の字幕放送が始まったことから
11月12日(月)全日ろう連が
公明党バリアフリー法及び関連施策のあり方に関する
プロジェクトチームの議員の皆様にお礼の面談を行った。
全日ろう連ウェブサイト(写真は下記URLから引用)
https://www.jfd.or.jp/2018/11/13/pid18455
また、公明党ウェブサイトにも掲載されている。
https://www.komei.or.jp/komeinews/p15578/
====
国会審議の様子を文字で理解することは嬉しいですね。

Photo

2018-11-13

聴覚障害者128人、強制不妊や中絶 全国調査

昨日、厚生労働会館において記者会見を行った。
と全日ろう連から報告があった。
全日ろう連ウェブサイト
https://www.jfd.or.jp/2018/11/12/pid18437
約20社のマスコミが参加したそうで、
下記に産経新聞のネットニュースを引用。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000529-san-soci
旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、全日本ろうあ連盟(東京、会員約1万9千人)は12日、厚生労働省内で会見し、中絶を含め手術を施された聴覚障害者は22道府県の男女128人に上ることを明らかにした。複数回手術を受けた人もおり、手術件数は計149件だった。
同連盟は3月から各加盟団体を通じ、本人や家族らへの聞き取り調査を始め、10月末までに23団体から回答を得た。128人の内訳は、女性が96人、男性が32人。中絶後に不妊手術を受けるなど手術を複数された被害者もおり、最多で1人5回中絶手術を受けた人もいたという。
ただ、被害者の多くは記録がなく、旧法に基づく手術だったかは不明。同連盟の石野富志三郎理事長は「障害者は自由に結婚し、子供を産む権利がある。今後は、きちんと取り組まなければならない」と強調した。
====
このネットニュースを下までスクロールすると、
コメントも読めるが、かなり荒れている…。

2018-11-12

食欲の秋を満喫!!

昨日は好天に恵まれ、
津市久居で文化祭を開催した。
文化の秋と言わず、
食欲の秋を楽しめたに違いない。
個人的には椎茸焼きと焼き芋がおいしかったなぁ。
参加者数は文化部発表によると
大人108名・子ども5名の113名。
お疲れさまでした。

Dsc_2045_2

2018-11-09

“耳の不自由なメジャーリーガー”が生んだ野球のジェスチャー

11月7日11:30サンスポCOMから引用。
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181107/mlb18110711300001-n1.html

今年小学校に入学し、すぐに少年野球チームに入った次男が、図書館で絵本を借りてきた。4学年上の長男も興味を示した本の題名は『耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ』。米国人のナンシー・チャーニン氏著で、日本語訳版は光村教育図書が2016年に出版している。

1862年にオハイオ州の農場で生まれ、幼少期に髄膜炎にかかって聴力を失ったウィリアムが、苦難を乗り越えてメジャー選手に。盗塁王や、通算2044安打を記録するほどのスターになる-という伝記だ。

そこには野球に関する、ある“起源”があった。審判が右手を挙げれば「ストライク」や「アウト」、両腕を広げれば「セーフ」といった、現在では当たり前のジェスチャーは、彼の行動がきっかけだったという。

1880年頃、審判は声のみで判定を告げていた。マイナーでプロ選手となっていたウィリアムはある打席で、3球ともボールと思って次の投球を待った。しかし審判は3球ともストライクと判定し、三振をコール。彼には聞こえていなかった。バッターボックスを離れない滑稽な姿に、投手や観客は大笑いした。

そこで、つらい思いをしたウィリアムは「ストライクは右手を挙げる」というように絵と説明文を書き、審判に要望。これに審判が賛同し、広まったという。遠くから見ても分かりやすいジェスチャーはウィリアム本人だけでなく、審判の声が届かなかった観客にも喜ばれた。ともに諸説あるが、ベンチから作戦を伝えるサインも、彼が考えて仲間に伝えたのが始まりといわれている。

今季プロ野球で導入された「リクエスト」制度では、検証から戻った審判が口を結んで「アウト」「セーフ」とジェスチャーをする姿が何度も注目された。そこに音声はなくても理解できた。

監督が「リクエスト」を求めるたび、この絵本のことを思い出す。「たとえ困難があっても、自分の努力と工夫で道は切りひらけるんだよ-」。子供たちの心にも、思いが刻まれていてほしい。
====
かなり有名な話であり、久しぶりに読ませていただいた。
とっても興味深い記事ですね。
球審に向けて両手で四角く囲むプロ野球の監督も
ジェスチャーを使っていますねぇ。

2018-11-08

電話リレーサービスは総務省が受け持つと安倍首相

昨日の参議院予算委員会において
電話リレーサービスに関して
安倍首相から答弁があったことから
昨日11月7日の日本経済新聞に掲載された。
「参院予算委論戦のポイント」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37486750X01C18A1000000/
関連記事のみ下記に引用。

【電話リレーサービス】
*薬師寺氏 
聴覚障害者が、手話や文字を通訳するオペレーターを経由して
音声電話をかけられる「電話リレーサービス」について、
厚生労働省も総務省も自分の担当だと分かっていない。
担当を整理してほしい。
*首相 
電話リレーサービスは重要な公共インフラだ。
拡大するには人材育成やコスト負担の課題がある。
課題の解決に向けた検討は、総務省総合通信基盤局が受け持つことにしたい。
====
電話リレーサービスのみならず、
三重県警ウェブ110番、
NET119があることを忘れてはならない。

三重県警ウェブ110番
https://www.police.pref.mie.jp/bariafree/web110.html
一方、NET119については、
障害者基本計画(第4次)において、
2020年度までに全国の消防本部での導入を目指すという。
県内では、津市が初めて導入された。
 ※全国の導入率、昨年6月時点で18%とまだ低い。

2018-11-07

文化祭

11月11日(日)10時~15時30分、

津市久居総合福祉会館(南館)で開催する。

天気予報によると、晴れになっており、

屋外ブースは絶好の日和になりそうですね。

お元気で会いましょう♪

○模擬店(屋外)

パン・椎茸焼き・野菜(いなべ)

カレーうどん(四日市)

焼きそば・コーヒー(鈴鹿)

骨付きフランクフルト・ぜんざい(津)

焼き芋・生サツマイモ(伊勢)

○バザー(3階ホール)

福祉機器(ウエルフェア)

不用品(県サ連)

コーヒー・ジュース・不用品(女性部)

書籍・DVD・カレンダー(三聴障協)

○展示(3階ホール)

盲ろう者のマラソン(きらりの会)

体験コーナー(医療委員会)

パッチワーク・編み物・水彩画(個人)

各地域協会の紹介(組織部)

県・東海・全国体育大会(体育部)

行事などの写真(女性部)

2018-11-06

国家公務員障害者選考試験

障害者雇用の水増しといった問題で
ご存じのとおり4000人の雇用を目標に
来年2月に統一筆記試験が行われることから
全日ろう連が次の3点で緊急要望を行ったそう。
1.聴覚障害をもつ受験者に対して本人が望む合理的配慮を提供することを第1次選考の実施者への周知を徹底すること
2.第2次選考で各省庁の採用予定機関が行なう個別面接等で、聴覚障害をもつ受験者に対して本人が望む合理的配慮を提供すること
3.聴覚に障害があることについて、採用決定上の不利な判断材料としないこと
詳しくは、全日ろう連ウェブサイトを参照されたい。
https://www.jfd.or.jp/2018/11/06/pid18421
====
日本における障害者の1割が聴覚障害者、
単純に400人が受験するとして
全国9ヶ所の試験会場に約44人ずつ受けることを想定、
ある程度の手話通訳・要約筆記を置かないとですね…。

2018-11-05

情報支援ボランティア養成指導者講習会

昨日は津市内で3日目の講習会が行われた。

検討委員会いわく、県内の状況を把握したく、

県内の手話サークルなどを訪問し、
趣旨説明を行い、
情報支援ボランティア

参加意向の調査票を配布するとのこと。

詳しくは、みえデフ11月号にて。

Dsc_2021

2018-11-02

文化祭

明日は文化の日ですね。
個人的には土曜日と重なり、
祝日感がなく少し残念ですね(苦笑)。
11日に津市久居にて文化祭が行われる。
出店など詳細については、来週に告知するので、しばらくお待ちを。
そうそう前日は聾学校の文化祭だそう。
「new201815.pdf」をダウンロード

Powerpoint

2018-11-01

高校生手話パフォーマンス甲子園

早いもので今日から11月。
プロ野球では、日本シリーズで熱戦を繰り広げているね。
忘れてはならないのは、高校生手話パフォーマンス甲子園。
先月7日(日)に開催された記録テレビ番組が
次のとおり放送される。

①ろうを生きる難聴を生きる
高校生手話パフォーマンス甲子園(前・後編)
 前編 11月3日(土)20:45~21:00
 後編 11月10日(土)20:45~21:00
 チャンネル NHK Eテレ
 https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/
②公式テレビ番組(ローカル番組)
つながろう!手話の聖地鳥取県で第5回全国高校生手話パフォーマンス甲子園
 11月4日(日)16:30~17:30
 チャンネル 日本海テレビ

2018-10-31

Halloween is today!!

今日はハロウィン!!
特に変わったことはなくいつもどおり?(笑)
さて、三重とこわか大会の
情報支援ボランティア指導者を対象に
ポロシャツの販売を行っているところである。
なお、ちょこちょこ問い合わせが来ているため、
11月2日(金)まで注文を承っている。
定価は2,800円、詳しくは当協会事務局まで。
郵送希望者は、1枚あたり送料360円別途必要。

2018-10-30

手話で県政を知るキッカケに…

今日、予算決算常任委員会(総括質疑)の

中継にも手話通訳が導入された。

テレビのみならず、出先でもスマホで見れる。

委員長およびトップバッターの議員が

手話通訳の導入に関して発言されたことで、

ろう者、手話関係者等に見ていただけたらと思う。

三重県議会ウェブサイト

http://www.pref.mie.lg.jp/MOVIE/glive100496.htm

参考>
昨年9月2日付け伊勢新聞

三重県議会 手話通訳を導入へ 代表質問などで 公聴会議が合意

http://www.isenp.co.jp/2017/09/02/7117/

====

支援センターでの高齢部茶話会でも見ていただきたいですね。

2018-10-29

総務省へ要望書を提出

先日、奥穂高岳でろう者が3名遭難し、
そのうち1名が死亡する遭難事故が起きたことから
全日ろう連が電話リレーサービスの制度化に関わる要望書を
提出したとのこと。
詳細については、下記の全日ろう連ウェブサイトを参照されたい。
http://www.jfd.or.jp/trs/arc/360
====
24時間365日いつでもどこでもすぐにできるようにとあるが、
特に手話で通報する場合は、通訳できるオペレーターの育成が急務。
また、交替ローテーションができる態勢の構築も整えないとね。

2018-10-26

全国体育大会を盛り上げていくために

全日ろう連では、青年層が興味を持つ競技、
参加したいと思う競技を増やしていくことも
1つの方法であると考え、
全国ろうあ者体育大会に関するアンケートを始めた。
対象者は、青年部会員であるが、青年層でない方も可能。
締切は、12月28日(金)。
https://goo.gl/forms/uNiPqGUPCNOOSByq2
 ※個人を特定する情報(氏名、住所等)の入力は必要ありません。

Photo

2018-10-25

四日市手話祭

たいへん遅くなったが、
来たる10月28日(日)に
四日市市総合会館で開催される。
30回も続けられることはスゴいねぇ。
「アイラブユー」の木が欲しいなぁ。
あなたも文化の秋を満喫してみませんか?

チラシ
「1028.pdf」をダウンロード

1028

2018-10-24

国会中継への字幕付与

仕事中で見れなかったが、
全日ろう連からの事務連絡によると
今日開会の臨時国会より
国会中継の字幕放送が始まったそう。
衆議院本会議での所信表明演説、
また、29~31日の衆議院、参議院で行われる
代表質問に字幕が付与されるとのこと。
なお、予算委員会の字幕については、
技術的に難しい面もあり、まだ字幕付与が行われない。
====
ご参考までにどうぞ!!
「松森果林UD劇場~聞こえない世界に移住して~」
http://d.hatena.ne.jp/karinmatasumori/20181024

友だちからのもらいものですが、歴史的な写真ですね。

_20181025_084111

2018-10-23

救助要請に電話リレーサービス活用

先週末に訃報を知ったのですが、
電話リレーで救助要請されたことについては、
昨晩facebookなどで知った。
この時間差は何だっただろうか。
お悔やみ申し上げます。
====
<お詫び>
掲載当日に貼ったfacebookとtwitter、
後日になってリンク切れになったため
削除させていただきました。

2018-10-22

県民人権講座

来たる11月24日(土)午後から
三重県および三重県人権啓発活動ネットワーク協議会主催により
津市・県人権センターにおいて開催される。
皆さんもご存じの今村彩子監督が
東日本大震災発生11日後に宮城を訪れ、
2年4ヶ月をかけて取材した
ドキュメンタリー映画の上映および
当事者の体験をふまえた講演会、
日本聴導犬協会による聴導犬のデモなどが行われる。
参加費は無料。
http://www.pref.mie.lg.jp/JINKENC/HP/000219844.htm
チラシ
「181124.pdf」をダウンロード

Photo

2018-10-19

まもなく締切

以前から宣伝中の会員旅行については、
締切が明日かぎりとなった。
10月18日現在26名、
ろう20名・聞こえる人6名であるが、
引き続き、呼びかけている。
会員たちにご周知くださいますよう、
よろしくお願いいたします。
皆さまのお申し込みをお待ちしております。
 ※聞こえる人は、当協会賛助会員が条件です。

2018-10-18

「ほじょ犬って知ってる?」 歌と手話で多くの人に伝えたい。

昨日、当協会事務局に次のお客様が来局。
 聴導犬ユーザーの安藤美紀さん
 コーダの安藤一成さん(手話シンガー)
 聴導犬「マーミ」
新芽手話サークルにも訪問されたそう。
https://readyfor.jp/projects/hojyoken/announcements/87470

安藤一成さんのクラウドファンディング.
https://readyfor.jp/projects/hojyoken
皆さんからのご支援をよろしくお願いしますね。
また、ご応援くださいね。

<参考サイト>
聴覚障害者の災害時に困ることって
https://youtu.be/2NzPcPnHooc
NPO法人マミー
http://www.mamie.jp/

※聴導犬、三重県ではまだゼロです(。>0<。)。

Image01_2

2018-10-17

発話困難者とのコミュニケーション支援 伊勢市、コンビニにボード配布

昨日22:45伊勢新聞より引用。
https://news.line.me/issue/oa-iseshimbun/dd402951b3bf?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=sjN39740885593
コンビニ来店客のうち、聴覚障害や言語機能障害を持つ人との意思疎通を手助けしようと、三重県伊勢市は客とのやりとりを文字や絵で表したコミュニケーション支援ボードを作成した。市は11月中に市内62店舗のコンビニに配布する。コンビニを対象に支援ボードを配布する試みは県内初。
ボードはA4判表裏11枚で、状況に応じた27種類の対応を文字や絵で表現。「はい」か「いいえ」の簡単な意思疎通をはじめ、食事を温めるか、商品を全て1つのレジ袋にまとめていいかなど、客とのさまざまな会話を想定し、作られている。
市は今後、スーパーや個人商店などにも支援ボードの配布を検討している。
====
上記サイトを下までスクロールすると、
松阪市の取り組みも掲載されており、
「手話」の新聞ジャックは嬉しいですね。

10月18日追記
伊勢市ホームページ(各自ダウンロード可能)
http://www.city.ise.mie.jp/17033.htm

Photo_2

2018-10-16

本会議を手話通訳

昨日、県議会の本会議において
初めて審議を手話通訳、
三重テレビによる生中継が放映されたそう。
下の画像は今日の中日朝刊。
議場の傍聴席に県民はいなかったが、
数時間後には県議会HPに掲載されるとある。
手話通訳付きURLは下記。
三谷哲央議員(新政みえ)
http://www.pref.mie.lg.jp/MOVIE/glive100486.htm
水谷隆議員(自由民主党県議団)
http://www.pref.mie.lg.jp/MOVIE/glive100486_00001.htm
====
時間などの都合で県議会へ行けなくても
テレビまたはパソコン・スマホで閲覧できるが、
せめて県議会議場の傍聴はして欲しく思う。

Img

2018-10-15

全国手話検定試験

10月13・14日の2日間にわたって
鈴鹿医療科学大学千代崎キャンパスにおいて
標記の試験を実施した。
受験者数などは下表のとおり。
試験結果の発表は、12月下旬を予定されている。
面接委員・要員の皆さんお疲れさま。

   申込 欠席 受験
----------
5級 55   6  49
4級 49   0  49
3級 26   2  24
2級 21   1  20

20181016125944

«視察Go!!